「署名捺印」と「記名押印」について

「はんこ」を押すことを「捺印」または「押印」と言っています。
この二つの呼び方に違いはあるのか、ずっと疑問だったので調べてみました。

「捺印」と「押印」の違いについて、いろいろ調べましたが、どちらも「ハンを押す」という行為を表している言葉であり、「押捺」(おうなつ)という言葉もあるぐらい、全く同じ意味を持ち、使い分けられることも少ない言葉だそうです。
でも、契約書を作成する場合において、契約当事者が自分の名前を記す方法として、「署名」と「記名」があります。
「署名」とは、本人が自筆で氏名を手書きすることです。
筆跡は人によって異なり、筆跡鑑定を行えば、署名した本人が契約した証拠として、その証拠能力はきわめて高くなります。
これに対して「記名」とは、自署以外の方法で氏名を記載することです。
自署以外の方法とは、
①他人が代筆する
②ゴム印を押す
③ワープロで印刷する

このような場合などです。
「記名」は本人の筆跡が残らないため、「署名」に比べて証拠能力が低くなります。
しかし、新商法第32条『この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって、署名に代えることができる。』と規定され、「記名」に押印を加えることで、「署名」に代えることができるとされてもいます。
つまり、「署名」=「記名」+「押印」ということになり、契約においては「押印」は不要で、「署名」があれば契約は有効ということになります。
でも、日本では「署名」だけの契約書は不十分で、不安な感じがするのも事実です。
一般的には「署名」にも「捺印」するというのが通例であり、「署名」の場合にも「捺印」してもらうのが安全といえるのでしょう。
私も、日本の契約書でいっぱい「署名」しましたが、すべてにおいて「捺印」しています。
ただし、法的な証拠能力としては、「署名」は、証拠能力として高いそうです。

言い方として、
「署名」に対しては「捺印」、「記名」には「押印」を使うことになります。
しかし、なぜそのように使い分けるようになったのかは不明ですが、「署名捺印」「記名押印」と使い分けた方がいいようです。
ある説によると、日常的には「捺印」と使うことが多く、法律上は「押印」と使う場合が多いと言われています。
その根拠として、昔は「捺印」と使われていたのですが、当用漢字が制定された当初「捺」が当用漢字に入らなかったため、公文書では「押印」を使うようになり、日常では「捺印」が残ったというものだそうですが、辞書を引くと、どちらも「印を押すこと」とあり、違いはみられませんでした。
法的な証拠能力としては、直筆でサインする「署名」の方が証拠能力として高くなります。
①署名・捺印・・・・自筆(サイン)と押印なので、証拠力では一番勝っています。
②署名・・・・自筆(サイン)のみですが、確かな証拠力になります。
③記名・押印・・・・「署名」と同じ効力がありますが、証拠力では「署名」に劣ります。
④記名・・・・これは、ゴム印、印刷、代筆など自筆以外の方法なので、「署名」の代用にはなりません。
つまり、証拠能力としては、①②③④の順番になり、「署名」つまり自筆(サイン)は、ハンを押す押さない関係なく証拠能力として高くなるようです。
そして、「署名」に対する「捺印」も、「記名」に対する「押印」も、同じハンコで特に問題はないようです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR