愛媛県での大雨の全国ニュース

愛媛県では、大雨で全国ニュースになることはまずないのですが、昨日は停滞する前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響なのか、愛媛県に集中して被害があり、全国ニュースでも放送していました。

愛媛県内は、1時間に60mmを超える大雨となりました。
松山市では、一日でも53.5mmしか降っていないのに、正午までの1時間に41mmも集中する激しい雨となったようです。
郊外電車である伊予鉄高浜線では、山西駅付近で線路が冠水し2時間余りに渡り運転見合せとなりました。
また平田町や高岡町などで住宅や店舗など8棟が床下浸水する被害が出ています。
JR予讃線では、八幡浜駅から宇和島駅の間は宇和島市吉田町の立間駅付近で土砂が線路内に流れ込んでいるため停止になっています。
土砂崩れによる孤立も発生していました。
正午までに1時間に64.5mmを記録した宇和島市では、沿岸部の県道下波津島線で土砂崩れや冠水が発生し、一部区間で通行止めとなっていました。
宇和島市の下波や蒋淵など5地区で846世帯2231人が、一時孤立状態となっています。
このうち尻貝の74世帯、203人は今日の昼頃まで孤立状態となりました。
雨で地盤が緩んでいる所もあります。
愛媛県では、地すべり指定地や、急傾斜地の指定地が多いので、土砂災害に厳重な警戒が必要と思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR