地盤改良の工法について

地盤改良の工法を調べてみました。

①締固め工法
地表付近を補強する目的で用いられ、緩い地盤をローラーやたこ(土を突き固める道具)などで締め固める工法です。
②水締め工法
地表付近を補強する目的で用いられ、緩い砂地盤に水をかけて締め固める工法です。
③物理的土質改良工法
軟弱な粘性土地盤に砂れきなどを入れて土質の改良を図る工法です。
④排水工法
水分が多くて軟弱な状態の地盤に対して、水はけをよくする工法です。
釜場排水からボーリング機械を使ったものまであります。
⑤置換え工法
地表付近を補強する目的で用いられ、良質の土に入れかえる工法です。
⑥化学的土質安定工法
地表付近を補強する目的で用いられ、石灰などを加えて地盤を化学的に改良する工法です。
⑦表面処理工法
地表付近を補強する目的で用いられ、雑木などを格子状に結束して地表面に敷いた上に盛土などをする工法です。
⑧杭打ち工法
杭を打って緩い砂地盤を締め固めたり,粘性土軟弱地盤に杭打ちをして支持力のある骨組みを地盤中に作る工法です。
⑨押出し工法
地表付近を補強する目的で用いられ、良質土や砂れきを押し込んで、良好な土と置き換える工法です。
⑩サンドマット工法
地表付近を補強する目的で用いられ、地表にある程度の厚さに砂を敷くト工法です。
⑪シートネット工法
地表付近を補強する目的で用いられ、合成繊維のシートやポリエチレンのネットなどを地表に敷いて、その上に砂を敷き、盛土などをする工法です。
⑫表層固化工法
地表付近を補強する目的で用いられ、表層土だけを石灰やセメントを混ぜて固化する工法です。
⑬バーチカルドレーン工法
粘土層に砂の杭や各種の帯状排水材を鉛直に多数本打ち込み、盛土荷重を載せたり真空ポンプによる減圧を排水系統に加えることにより,粘土層を早期に圧密脱水させて地盤強度を高める工法で、用いる鉛直排水材により,サンドドレーン工法,ペーパードレーン工法などとも呼ばれます。
⑭サンドコンパクションパイル工法
砂を柱状に多数本押し込んで支持力がより大きい複合地盤を作る工法です。
⑮電気浸透工法
粘土層の中に直流電流を流すと粘土層中の水分が陰極に集まるのを利用して脱水強化する工法です。
⑯焼結工法
多数のボーリング孔を利用して地盤中に燃焼熱を通して地盤を強化する工法です。
⑰生石灰パイル工法
生石灰を杭状に打ち込んで粘土中の水を吸収させ、粘土の脱水に役だたせるとともに柱状の石灰支持体を作る工法です。
⑱深層混合処理工法
生石灰、または粉粒状態あるいはペースト状態のセメントを現地の粘土層中で混ぜて多数の強度の高い柱状体、または壁体を地盤中に作る工法です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR