戦争で亡くなった竹内浩三さんの詩

日本では、安保関連法案について、各種世論調査では、8割を超える大多数の人々が、今国会での強行採決は、主権者としての国民の意思を踏みにじる立憲主義と民主主義の破壊として反対との事です。
6月の時点では、5割ちよっとの人たちの反対だったはずなのに、やはり国会での対応に問題があったのでしょう。

では、安保関連法案が成立すれば何が変わるのでしょうか?
柱になるのは集団的自衛権の行使を限定容認した点だと思います。
密接な関係にある国が攻撃されれば、政府は「存立危機事態」に当たるかどうかを判断し、日本の存立や国民の権利が危うくなるケースのことで、これに該当すれば自衛隊は他国軍と一緒に戦うことができるという法案です。
危機管理としては当たり前のことなのですが、戦争法制としての本質をもつと捉えると、今までの戦争の経験がある人たちにとっては不安なのは言うまでもありません。
在日アメリカ軍は、日本を守るために活動すると言われていますが、アメリカ軍が攻撃されても日本の自衛隊は一緒に戦うことができないのが今の日本の憲法です。
そんな事態が実際に起きれば日米同盟は立ちゆかなくなる恐れがあるので集団的自衛権を行使すべきだという議論は昔からあったのですが、それは日本人の本質ではないはずです。

戦争で命を落とした多くの若者たちの中に、陸軍の兵士としてフィリピンのルソン島に送られ、1945年4月9日の戦闘で、わずか23歳の若さで命を落とした、竹内浩三さんという人がいました。
70年前に戦争で亡くなった三重県伊勢市出身の詩人・竹内浩三さんの作品を集めた展示会が、今、名古屋市内で行われているそうなので、この作品を紹介します。

特に、「骨のうたう」は今なお多くの人々の心を打ちます。

「骨のうたう」(原型のまま)
戦死やあわれ
兵隊の死ぬるやあわれ
とおい他国で ひょんと死ぬるや
だまって だれもいないところで
ひょんと死ぬるや
ふるさとの風や
こいびとの眼や
ひょんと消ゆるや
国のため
大君のため
死んでしまうや
その心や

苔いじらしや あわれや兵隊の死ぬるや
こらえきれないさびしさや
なかず 咆えず ひたすら 銃を持つ
白い箱にて 故国をながめる
音もなく なにもない 骨
帰っては きましたけれど
故国の人のよそよそしさや
自分の事務や 女のみだしなみが大切で
骨を愛する人もなし
骨は骨として 勲章をもらい
高く崇められ ほまれは高し
なれど 骨は骨 骨は聞きたかった
絶大な愛情のひびきを 聞きたかった
それはなかった
がらがらどんどん事務と常識が流れていた
骨は骨として崇められた
骨は チンチン音を立てて粉になった

ああ 戦場やあわれ
故国の風は 骨を吹きとばした
故国は発展にいそがしかった
女は 化粧にいそがしかった
なんにもないところで
骨は なんにもなしになった

竹内浩三さんは、1921年(大正10年)、三重県宇治山田市・現在の伊勢市で、呉服屋のうちに生まれました。
十代のうちに両親をなくし、たった一人の肉親である姉を頼りにして、学生時代を送っています。
詩を書き、友人たちと漫画の雑誌を作るなどしていたそうですが、映画にも深い関心を抱き、1940年(昭和15年)日本大学の専門部・映画学科に入学します。
1942年(昭和17年)9月、半年早い繰りあげ卒業によって故郷に戻り、陸軍の部隊に入ることになります。
1943年(昭和18年)9月に、茨城県西筑波飛行場の滑空部隊に所属してからも、言葉を書きつけることはやめませんでした。
小さなノートに、日記をつけたのです。
見つかれば取り上げられてしまうようなものなので、トイレやふとんの中でこっそり書いたそうです。
いっぱいになったノートは、姉のもとに送られ、現在において私たちのもとに届いています。
日記は、竹内浩三さん自身によって「筑波日記」と名付けられ、二冊が残されています。
漫画や日記を、読めば読むほど、竹内浩三さんという人がいきいきと身近に感じられてきて、心をつかまれます。
死にたくはなかったのに強いられて死ぬことになる一人の若者の姿が、ありありと浮かび上がってくる内容となっています。
1944年4月14日の日記の一節です。
「戦争ガアル。ソノ文学ガアル。ソレハ、ロマンデ、戦争デハナイ。感動シ、アコガレサエスル。アリノママ写スト云ウニュース映画デモ、美シイ。トコロガ戦争ハウツクシクナイ。地獄デアル。地獄モ絵ニカクトウツクシイ。カイテイル本人モ、ウツクシイト思ッテイル。人生モ、ソノトオリ」。
1944年6月19日の日記の途中からですが、
「おれだって、人に負けないだけ、国のためにつくすすべはもっている。自分にあった仕事をあたえられたら、死ぬるともそれをやるよ。でも、キカン銃かついでたたかって死ぬると云うのは、なさけない気がするんだ。こんなときだから、そんなゼイタクもゆるされないかもしれぬ。自分にあたえられた仕事が、自分にむいていようがいなかろうが、それを、力一ぱいやるべきかもしれぬ。しかし、おれはなさけないんだ」。
こういう内容を、軍隊での生活の中でこっそり書きとめています。
まだあります。
「兵営の桜」
十月の兵営に
桜が咲いた
ちっぽけな樹に
ちっぽけな花だ
しかも 五つか六つだ
さむそうにしながら
咲いているのだ
ばか桜だ
おれは はらがたった

「南からの種子」
南から帰った兵隊が
おれたちの班に入ってきた
マラリヤがなおるまでいるのだそうな
大切にもってきたのであろう
小さい木綿袋に
見たこともない色んな木の種子
おれたちは暖炉に集って
その種子を手にして説明をまった
これがマンゴウの種子
楠のような大木に
真っ赤な大きな実がなるという
これがドリアンの種子
ああこのうまさといったら
気も狂わんばかりだ
手をふるわし 身もだえさえして
語る南の国の果実
おれたち初年兵は
この石ころみたいな種子をにぎって
消えかかった暖炉のそばで
吹雪をきいている

現在行われている竹内浩三さんの展示会は、竹内浩三さんの作品を通して戦争について考えてもらおうと企画されたそうです。
戦時中の日本を独自の視点で詠んだ詩や、軍隊に内緒で綴った日記など、約40点が展示されているそうです。
展示会は、来月30日までだそうです。
近くの方は、ぜひ行ってみてください。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR