「土用の丑の日」とうなぎについて

今日は「土用の丑の日」で、うなぎを食べる日となっています。
この日がどんな日かも知らず、スーパーでは少し高い価格のうなぎが並んでいますが、さて「土用の丑の日」とはどのように定められているのでしょうか?

まず、「土用」とは、元々土旺用事と言ったものが省略されたものだそうです。
昔には、世の中の全てが木火土金水の五つの組み合わせで成り立つという五行説で、五行とは、木行・火行・土行・金行・水行を言います。
これを季節にも割り振ることを考えた人が居たみたいですが、昔も今も季節は「四季」なので、
・木行-春
・火行-夏
・金行-秋
・水行-冬
と割り振ったら「土行」が余ってしまいました。
そこで、土行を季節の変わり目とし、「土行の性質は全ての季節に均等に存在する」とこじつけて、各季節の最後の18~19日を「土用」としたそうです。
つまり、「土用」は、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間のことを言うそうです。
一般的な「土用」としては、
・立春(2/3or4or5)の前約18日間:1/17~2/3頃
・立夏(5/4or5or6)の前約18日間:4/17~5/4頃
・立秋(8/6or7or8)の前約18日間:7/20~8/6頃
・立冬(11/6or7or8)の前約18日間:10/20~11/6頃
つまり、実際には「土用」は、春夏秋冬4季にわたってあります。

次に「丑の日」ですが、
十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のことです。
この十二支は、「今年の干支」というように、年を数えるときに使われるだけでなく、方角や、月、そして日にちを数えるのにも使われています。
つまり、「土用の丑の日」とは、約18日間の「土用」の期間のうち、12日周期で割り当てられている十二支が「丑の日」の日を言います。でも、現在において、うなぎを食べる「土用の丑の日」にあたる「土用」は、立秋(8月6日or7日or8日)の18日前の期間だけです。
これは、当時の平賀源内が起源とされる、うなぎを食べる風習が、夏の「土用の丑の日」だったからだと言われています。
本来うなぎの旬は冬のため、以前は夏にうなぎはあまり売れなかったそうです。
売れないうなぎの販促のため、旬ではない“夏”という時期にウナギを食べる風習を根付かせたという説が有名だそうです。
立秋前の、夏の「土用の丑の日」は、18/12で、平均1.57回あります。
これによると、1年で2回「土用の丑の日」が来る年も結構あるそうです。
でも、最近では、コンビニやスーパーで、夏以外の「土用の丑の日」にも、うなぎを食べる習慣をつくろうとしているのが見られるそうです。

先に少し述べましたが、「土用の丑の日」は平賀源内による発案が一番有力な説だそうです。
江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談したそうです。
この時の、「本日丑の日」という張り紙を店に貼る、という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったそうです。
これがヒットした背景には、当時「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があったそうです。
これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

夏バテ防止にうなぎを食べたら良いというのは、奈良時代にもあったようです。
万葉集の16巻に、大伴家持が吉田石麻呂の夏痩せを見て歌った、「石麻呂にわれもの申す夏痩せに良しというものぞ鰻捕り食せ(むなぎとりめせ)」という歌があります。
「石麻呂さん、夏痩せには、うなぎが良く効く薬だそうですよ、ひとつ鰻を捕って食べたらいかがですか」というような意味だそうで、当時夏バテを防ぐために、うなぎを食べて体力を強化する習慣がすでにあったことがわかります。
(当時はうなぎのことをむなぎと言っていたそうです)
万葉集の時代から、夏ばてにはうなぎだったのですね。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR