FIFAの体質

国際サッカー連盟(FIFA)の不祥事には呆れるばかりですが、一番やってはならない震災の義援金まで着服するとなると、人間としても失格だと言わざるを得ません。

英BBC放送が9日(現地時間)に入手した米国検察の捜査報告書によると、FIFAの元副会長のジャック・ワーナー(72)が、2010年に韓国が送ったハイチ大地震当時の義援金75万ドル(8億3000万ウォン)まで着服したことが明らかになりました。
世界最貧国の一つのハイチでは、当時の大地震で約20万人が死亡し、被災者180万人が発生しました。
ハイチ政府に伝えられるべき義援金75万ドルのうち50万ドルは大韓サッカー協会が、25万ドルはFIFAが拠出しました。
大韓サッカー協会は当時、鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA副会長が寄付した20万ドルとサッカー協会の寄付金10万ドルなどを集めて50万ドルとしました。
英BBCは、「救護金はハイチ近隣国のトリニダードトバゴサッカー協会の口座で送金された後、行方不明だった」とし「ワーナーがこのお金を個人的な用途で流用した可能性がある」と報じました。
英ガーディアンも「ワーナーが当時、トリニダードトバゴサッカー協会の特別顧問を務め、協会の口座を一人で管理した」と伝えました。
ジャック・ワーナーが義援金を着服したという疑惑は2012年にも一度浮上しています。
当時FIFAは「義援金として送金した75万ドルのうちハイチサッカー協会が実際に受けた金額は6万ドルにすぎない」とし、真相調査を始めました。
FIFAは、当時もジャック・ワーナーが関与していると判断し、真相が明らかになるまでワーナーに対する年金支給を保留した経緯があります。
トリニダードトバゴサッカー協会も「この寄付がトリニダードトバゴの正式口座でなくジャック・ワーナーが別に管理する口座に入金された」と主張しました。
当時ワーナーは「疑惑を作りたい人たちは疑惑を作るだろうが、私はそれについて話す言葉はない」と述べ、容疑を強く否認していました。
ワーナーは今回のFIFA不正を調査中の米司法当局に起訴された14人のうちの一人です。
ワーナーは2010年ワールドカップ(W杯)本大会の開催地を選定する2004年FIFA執行委員投票当時、南アフリカを支持する見返りに南アフリカW杯組織委員会から1000万ドル(112億ウォン)を受けた容疑も受けています。

なんともいい加減な人で、そしてそんな人でもまかり通るいい加減な体質だと言えると思います。
日韓共催のワールドカップでも、ほぼ日本開催に決まっていながら、最後の最後で日韓共催になりました。
韓国のベスト4の躍進の裏側には、審判への賄賂があったのは周知の事実ですが、この事ひとつでも、FIFA全体が関与していたと思われても仕方ないと思います。
スポーツは、真剣勝負で筋書きがないドラマだと思って見るから感動するのだと思います。
そういう意味では、最初に筋書きが作られているとしたら、すごく残念な気持ちです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR