セウォル号と似たような中国長江での海難事故

中国の長江での海難事故ですが、なにか韓国のセウォル号と似たようなニュースになっています。

中国国営の新華社通信によると、中国湖北省荊州市の長江で1日午後9時30分(日本時間1日同10時30分)頃、乗員乗客ら458人を乗せた大型客船「東方之星」が転覆、沈没したそうです。
乗っていたのは、中国国内の旅行客406人のほか、旅行会社の関係者5人、乗員47人です。
乗客の多くは国内旅行社が募集したツアー参加者で、50~80歳が多かったそうで、日本人が含まれているという情報は入っていないそうです。
大型客船の「東方之星」は、1994年に建造された客船で、定員は534人となっています。
2200トンと大きく、南京(江蘇省)から上流の重慶に向かツアーの途中で、竜巻に巻き込まれて転覆したそうです。
沈没した地点は、水深約15mで、客船は転覆して船底がわずかに水上に出ている状態だそうです。
事故当時、現場付近は150mmを越える豪雨が降り、風速32mの強い旋風が吹いていたなどの悪天候だったことは判っています。
船内では旅客が就寝準備中だったとみられていますが、竜巻に巻き込まれてから1~2分で長江の北岸寄りで転覆したそうです。
そして、これまで船長、機関長ら11人が救出されたそうです。
悪天候のためもあり、救助活動は難航しているそうですが、未だに400人以上の安否が確認されていないそうです。
中国中央テレビによると、船内から助けを求める人の声が聞こえるとの情報もあり、船内に乗客が取り残されている模様だとも伝えています。
中国からの画像で見ると、船は上下が逆さまになった状態で、船体の一部が水面に突き出ています。
セウォル号の「旅客・貨物総重量」が6825トンなので、その1/3くらいの大きさなのでしょうか。
そして、救助隊は水面に出ている船体上を歩き、隊員の1人は横たわって小さなハンマーで船体をたたいていました。
何回も書きますが、たった11人助けられた中に、船長と機関長は入っています。
当然、ブリッジにいて状況把握の早い船長が真っ先に逃げることはセウォル号と同じようにできると思います。
それだけでなく、船底にいるはずの機関長も連絡を受けて逃げたのでしょう?
船内放送はしなかったのでしょうか?
乗員が、避難誘導はしなかったのでしょうか?
こんなことも、時間が経てば徐々に判ってくるとは思いますが、セウォル号と同じように船長だけが真っ先に逃げるのはなにか納得できないと思います。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せています。
「また船長が一番に船から飛び出した!韓国のセウォル号事件と同じ…」
「乗客よりも先に船長が救助されることは当然のことなのか?」
「中国政府の対応が一番気になる」
「長江特別法が制定されるかも!」
「中国国民は習近平国家主席を批判するだろうか?」
「中国は何でも韓国のまねをする…。こんなことまでまねしないで!」
「中国政府は一刻も早くダイビングベルを投入しなければならない」
「まだ数十人しか救助されていないの?中国政府の初期対応に問題があったのでは?」
「セウォル号事件と比較されそう…。韓国人と違い、中国人らはデモなんてしないだろう」

中国と韓国との政治の違いも含めて、なにか考えさせられます。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR