「グルジア」が「ジョージア」に

先日、ラジオで大相撲を聞いていたら、栃ノ心の出身地を「ジョージア」と紹介されていました。
「ジョージア」という名前の国ってあったのかな?と思い調べてみました。
どうも、「グルジア」が「ジョージア」に国名変更になったそうです。

もともと「グルジア」はソビエト連邦の構成国の一つでした。
ソビエト連邦は、1922~91年にユーラシア北部に存在した世界最初の社会主義国です。
略称はロシア文字で CCCP,英語で USSR,日本ではソ連,ソ連邦,ソビエトなどと呼んでいました。
アゼルバイジャン,アルメニア,ウクライナ,ウズベキスタン,エストニア,カザフスタン,キルギジア〈→キルギス〉,グルジア,タジキスタン,トルクメニスタン,白ロシア〈→ベラルーシ〉,モルダビア〈→モルドバ〉,ラトビア,リトアニア,ロシアの全部で15のソビエト社会主義共和国で構成されていました。
1991年12月25日にソビエト連邦の大統領だったミハイル・ゴルバチョフさんの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体され、各連邦構成共和国が主権国家として独立しました。
この中の「グルジア」ですが、2008年のロシアとの衝突を機に対ロ感情が悪化し、「グルジア」という呼び名はロシア語の「рузия」に由来したもので、同国の政府はこれを「占領されていた時代の呼び方」だとして、英語読みの「ジョージア」にしてほしいと呼びかけていました。
首相の安倍晋三さんも、昨年10月、来日した同国のマルグベラシビリ大統領と会談し、「ジョージア」に変える方針を伝えていたそうです。
同国のグルジア語での正式名称は「サカルトベロ」です。
日本政府は当初、米国の「ジョージア州」と混同する可能性もあり、変更には慎重だったそうですが、国連加盟国の多くが「ジョージア」に呼称を変え、「グルジア」を使うのは日本のほか、旧ソ連諸国や中国など約20カ国となっていました。
そして、4月22日に、「グルジア」を「ジョージア」に変更すること等を内容とする「在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案」が施行されました。
これに伴い、正式名称及び一般名称を次のとおり表記することとなりました。
①日本語表記(正式名称,一般名称)
  ジョージア
②英語表記
  Georgia (変更無し)

ただし、私の「ジョージア」のイメージとしては、アメリカのジョージア州や、日本コカ・コーラの缶コーヒーブランドを連想してしまいます。

画像 ジョージアの国旗です。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR