北海道でも真夏日

昨日は暖かい日でした。

松山では最低気温が朝の5時で14.5℃、最高気温が昼の1時から4時までの23.7℃でした。
でも、松山はまだ気温が上がらなかった方で、東京都心など25℃以上の夏日となる地点も相次ぎ、全国的に6月上旬から7月下旬並みの暑さとなるところが多かったみたいです。
そして、福島県浪江町が日本での最高気温で32.0℃、二番目が北海道豊頃町や大津で31.9℃でした。
北海道と東北を中心に最高気温が30℃以上の真夏日となる地点が出ています。
寒い地区なので気温変化も大きく、豊頃町の朝の最低気温は5.6℃、浪江町は5.9℃で、ともに最高気温との差は25℃以上でした。
松山の気温の変化は10℃もないので、同じ日本列島としては不思議な気がします。
こうした気温の変化について、気象庁では、日本列島を覆う高気圧から暖かい空気が流れ込んだのに加え、上空には中国大陸からの暖かい空気が入り、晴れ間の広がりとともに気温が上がったとの見解です。
北海道や東北の福島県などの太平洋側では、暖かい風が山を越えながらさらに暖まって吹き下ろす「乾いたフェーン現象」となったそうです。
つい最近まで寒さ対策をしていたのに、早くも熱中症対策です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR