季節の変わり目

桜の花も徐々に散ってきて、だんだん暖かくなってきています。
でも、まだまだ「季節の変わり目」なのでしょうか?
北海道では雪が降ったりして、暖かい日から急に寒くなったりしています。
日替わりで、半袖と長袖とを使い分けしている今日この頃です。
「季節の変わり目」になると、私たちの身体は、周囲の変化を敏感に感じ取り、急に疲れやすくなったり、だるさを感じたりすることがよくあります。
これは決して気のせいなどではなく、周囲の変化を体内の自律神経が感じ取った結果起きている自然な反応なのだそうです。
①季節の変わり目と体調不良
「季節の変わり目」には、気温・天候が急激に、そしてめまぐるしく変化します。
また、「季節の変わり目」には、このような気候的変化だけではなく、人事異動や入学・卒業などの環境の変化もあります。
私たちの仕事でも、3月のバタバタした忙しさから解放されて、ほっと一息つけるのが4月です。
体は、集中している時には病気になどなりませんが、集中から開放されると風邪を引いて寝込んだりします。
つまり、いろいろなことが原因で身体がストレスを感じると、自律神経に影響し、体調不良につながりますが、ストレスから開放された時にもやはり体調不良になるみたいです。
このポイントとなるのは、「自分は無意識でも、身体は変化を鋭敏に感じとる」ということになります。
②季節の変わり目に表れやすい症状
「季節の変わり目」には、以下のような症状が現れやすいといわれています。
・肌荒れ、吹き出物、しっしん、皮膚のかゆみ
・風邪
・頭痛
・ねむけ、だるさ
・腹痛
・気分の落ち込み
③原因のわからない体調不良を感じたら
原因のわからない体調不良は、もしかしたら「季節の変わり目」が原因かも知れません。
外用薬や内服液での治療も可能ですが、自律神経を意識的に整えて行くと、回復が早まるそうです。
それには、
・急激な気候変化に耐えられるように羽織りものを用意する
・睡眠をしっかりとる
・三食を決まった時間に取る
というようなことを心がけて生活リズムを整えると回復につながります。
これを日常的に続ければ、「季節の変わり目」の体調不良を防ぐ事ができるそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR