井戸効率について

井戸の効率について説明します。

井戸から揚水する時に、地下水は井戸を通してポンプで揚水されますが、理論通りに揚水できるとは限りません。
それの原因としては、
①ストレ-ナ-の開口部の抵抗
②帯水層の流れによる抵抗
③ストレ-ナ-周辺の目詰まり
④その他、ストレ-ナ-の劣化・腐食

などがあります。
その原因の1つとしては井戸構造にあり、地下水を汲むことによる上記理由の井戸損失が発生します。 
①ストレ-ナ-の開口部の抵抗としては、ストレ-ナ-の構造としては、スリット状、金網状、円孔状のものなどがありますが、開口率(有孔率)が大きいほど抵抗は少ないのですが、強度や製作の上から、塩ビ管などはあまり大きくできません。
これを克服した製品が巻き線スクリ-ンですが、あまりにも高価なので、家庭の井戸では到底設置できません。
②帯水層の流れによる抵抗は、いわゆる地下水の「ミズミチ」のことですが、大雨の後とかで地下水の方向が変わることがあります。
これには対処ができませんが、井戸の能力以上に揚水を行った時などにも影響範囲が極端に広くなり、今まで汲んでいただけの揚水ができなくなったり、井戸枯れを起こしたりします。
つまり、これは地下水の方向を無理やり変えてしまった結果だと思います。
③ストレ-ナ-周辺の目詰まりや、④その他、ストレ-ナ-の劣化・腐食は、古くなった井戸にはつきものです。
井内の洗浄にはいろいろな方法がありますが、その井戸にあった方法を専門業者に依頼するのが一番だと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR