バヌアツでのサイクロンの被害

南太平洋の島国バヌアツでは、大型のサイクロンによる大きな被害を受けています。
た国際的な支援が本格化していますが、被害の全容はまだ分かっておらず、バヌアツ政府が被害状況の確認を急いでいます。

バヌアツは83の島からなり、人口は約26万人です。
こんな小さな島国に、3月13日夜から14日にかけ、サイクロン「パム」が襲いました。
勢力は最強レベルの「カテゴリー5」に発達し、首都・ポートビラでは8mの高波で洪水が発生しました。
当初の発表では、亡くなった方は8人でしたが、連絡が取れない地域も多いため、被害の全容はまだ分かっておらず、徐々に、犠牲者の数は増えています。
ユニセフによりますとポートビラでは建物の90%が倒壊するなど大きな被害が出ています。
最大瞬間風速は、94mもあることが分かったそうです。
これを時速にすると300kmを遥かに超える速さで、現地では1トン以上の重さがある大型のコンテナや車両も次々に飛ばされた様子が撮影されています。
日本でも台風の被害には、毎年頭の痛い問題ですが、バヌアツのような比高のない小さい島では、島ごと波に飲み込まれるような恐怖を味わったことでしょう。

参考までに、世界の各地で、台風・ハリケーン・サイクロンと使い分けがされていますが、違いとしては、姿や大きさによる分類ではなく、その熱帯低気圧が発生した地域によって名前が分類されているようです。
①台風(typhoon)
太平洋北西部で発生した熱帯低気圧です。
語源はギリシャ神話最大の怪物デュポン(typhoon)からきているそうです。
②ハリケーン(Hurricane)
大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部で発生した熱帯低気圧です。
語源はカリブ海の邪神ウラカーン(huracan)からきているそうです。
③サイクロン(Cyclone)
インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部で発生した熱帯低気圧です。
語源はギリシャ語のkyklon(circle)からきているそうです。
このように、台風・ハリケーン・サイクロンは発生地域で分類されていますが、例えばインド洋で発生したサイクロンが太平洋まで移動して来た場合にはどうなるのか言うと、サイクロンから台風に名前が変わるそうです。
そして、台風・ハリケーン・サイクロンともに階級とかカテゴリーによって段階があります。

表・1 台風の階級
気象庁の階級最大風速(10分平均)国際分類クラス
ノット (knots)秒速 (m/s)時速 (km/h)
低圧部中心が明確ではないLow Pressure Area-
熱帯低気圧- 33- 17- 62Tropical Depression (TD)2
台風34 - 4718 - 2463 - 88Tropical Storm (TS)3
48 - 6325 - 3289 - 118Severe Tropical Storm (STS)4
強い台風64 - 8433 - 43119 - 156Typhoon (TY) or Hurricane5
非常に強い台風85 - 10444 - 53157 - 192
猛烈な台風105 -54 -193 -


ここで注意すべきなのは、「台風」と「タイフーン(typhoon)」の違いがあるようです。
気象庁は最大風速が34kt以上の熱帯低気圧を「台風」と呼びますが、国際的には最大風速が64kt以上の熱帯低気圧を「タイフーン(typhoon)」と呼びます。
また、世界の熱帯低気圧の名称は、「台風」や「ハリケーン」などのように地域ごとに異なりますが、そのように呼ばれる基準はいずれも64kt以上になるそうです。


表・2 ハリケーンの階級

国際分類カテゴリ最大風速(1分平均)
ノット (knots)秒速 (m/s)時速 (km/h)
Typhoon / Hurricane164 - 8233 - 42119 - 153
Typhoon / Hurricane283 - 9543 - 48154 - 177
Typhoon / Hurricane396 - 11349 - 58178 - 209
Typhoon / Hurricane4114 - 13559 - 69210 - 249
Typhoon / Hurricane5136-70-250-


米軍合同台風警報センター(JTWC)など米国の気象機関では、最大風速(1分平均)に基づきtyphoon(またはhurricane)強度以上の熱帯低気圧を分類する、サファ・シンプソン・スケール(Saffir-Simpson Scale)を用いています。
また130kt以上の最大風速(ほぼカテゴリ5に相当)を持つ台風をSuper Typhoon、カテゴリ3以上の大型ハリケーン「majorhurricane」と呼んでいます。
また、カテゴリ1以下のトロピカル・サイクロンはtyphoonではありませんが、日本の基準で言えば台風に相当するものがあります。

サイクロンの階級は見つけられませんでしたが、フィジー気象局やニュージーランド気象局によると、今回の「バム」は、サイクロンのカテゴリの5段階の中で最大で、中心気圧は910ヘクトパスカルを下回り、風速では毎秒約55mを超えるのが基準だそうです。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR