数の単位について

漢字文化圏(漢字圏)での数の単位を調べてみました。
私は、京や垓までは知っていたのですが、とんでもなく単位が大きいのにびっくりしました。
マイナスの単位は糸まででした。

①プラスの単位
一(イチ)=10の0乗
十(ジュウ)=10の1乗
百(ヒャク)=10の2乗
千(セン)=10の3乗
万(マン)=10の4乗
億(オク)=10の8乗
兆(チョウ)=10の12乗
京(ケイ)=10の16乗
垓(ガイ)=10の20乗
杼(ジョ)・稀(キ)=10の24乗
穣(ジョウ)・依(イ)=10の28乗
溝(コウ)=10の32乗
澗(カン)=10の36乗
正(セイ・ショウ)=10の40乗
載(サイ)=10の44乗
極(ゴク)=10の48乗
恒河沙(ゴウガシャ)=10の52乗又は56乗(一般的には下の単位ですが、現在でも解釈が分かれています)
阿僧祇(祗)(アソウギ)=10の56乗又は64乗(一般的には下の単位ですが、現在でも解釈が分かれています)
那由他(多)(ナユタ)=10の60乗又は72乗(一般的には下の単位ですが、現在でも解釈が分かれています)
不可思議(フカシギ)=10の64乗又は80乗(一般的には下の単位ですが、現在でも解釈が分かれています)
無量大数(ムリョウタイスウ)=10の68乗又は88乗(一般的には下の単位ですが、現在でも解釈が分かれています)
②マイナスの単位
割(ワリ)=10の-1乗
分(ブ)=10の-1乗
厘(リン)=10の-2乗
毛(モウ)=10の-3乗
糸(シ)=10の-4乗
忽(コツ)=10の-5乗
微(ビ)=10の-6乗
繊(セン)=10の-7乗
沙(シャ)=10の-8乗
塵(ジン)=10の-9乗
埃(アイ)=10の-10乗
渺(ビョウ)=10の-11乗
漠(バク)=10の-12乗
模糊(モコ)=10の-13乗
逡巡(シュンジュン)=10の-14乗
須臾(シュミ)=10の-15乗
瞬息(シュンソク)=10の-16乗
弾指(ダンシ)=10の-17乗
刹那(セツナ)=10の-18乗
六徳(リットク)=10の-19乗
虚(キョ)=10の-20乗
空(クウ)=10の-21乗
清(セイ)=10の-22乗
浄(ジョウ)=10の-23乗
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR