FC2ブログ

揚水試験

井戸工事が完了して、どれくらいの水量があるのかを調べるための試験を揚水試験といいます。
この揚水試験を実施するためには、仮設のポンプ、揚水管及び三角ノッチ又は四角ノッチのついた流量測定装置を使用します。       
尚、試験用の揚水ポンプの選定には注意が必要です。
試験前には運転水位がどのくらいかを確定することが困難なのと試験用ポンプが新品でないため性能を見極めるのが難しいのです。               
まず、最初に行う予備揚水試験では、かなり濁った水が大量に排水されるため、水を流すための排水路の確保が重要です。
揚水試験は①予備揚水試験②段階揚水試験③連続揚水試験及び回復試験に分けて行います。
       
①予備揚水試験
この試験は孔内洗浄作業の続きともいえるもので井戸仕上げの最終段階という位置付けもできます。
断続揚水をして濁っている内は後続の試験に入れないことは勿論ですが 濁っていると言うことは水みちが広がっていることにも繋がっているので、井戸がもっと良くなることを意味しています。          
濁りがなくなるまで断続揚水をくり返します。
濁りがなくなったらポンプの最大能力で連続揚水し続く試験の揚水量の資料を得ます。          
            
②段階揚水試験
段階揚水試験は井戸の揚水能力を求める試験(限界揚水量を求めます)で、普通は揚水量を最大揚水量の5段階以上に等分して実施します。           
たいていの場合揚水量を上げていくに従い井戸損失の影響があらわれ水位降下1mあたりの揚水量は低下します。
                    
③連続試験及び水位回復試験
水理定数を算定するための試験で、本試験とも言います。
実際は近くに観測井があればいいのですけれど、そうはいかないことが多く、井戸損失の影響を考慮しなければいけないことが多いようです。           
連続揚水試験は、井戸損失の影響が少ない揚水量で実施するのが水理定数算出のためにはよいのですが、実際には必要な揚水量がきまっていることの方が多く、たいていの場合揚水試験水量は発注者と 施工者があらゆる資料を検討して決めます。                              
通常、連続揚水試験は12時間、回復試験12時間が一般的です。
揚水試験では、揚水時における揚水井・観測井の水位低下量、および揚水停止後の水位回復量を経時的に測定することにより、帯水層の透水量係数、透水係数、貯留係数などが求められます。
 

④揚水試験の設備
観測井を含めた揚水試験の模式図を下図に示しました。
揚水試験の設備

出典:地盤調査の方法と解説 P395
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR