都城の関之尾滝と甌穴群

宮崎県の都城市に関之尾滝があります。

年末に九州旅行した際に、都城市で、どこか自然の素晴しいところがないかなと探していたところ、この滝を探し当てました。
関之尾滝(せきのおのたき)は、宮崎県都城市関之尾町にある滝で、日本の滝百選の一つだそうです。
母智丘・関之尾県立自然公園に属し、大淀川支流の庄内川にあります。
大滝、男滝、女滝の3つの滝からなり、幅約40m、落差18mの大滝はおよそ11万年前の加久藤カルデラの噴出物である溶結凝灰岩を浸蝕しています。
男滝は北前用水路の余水吐から流れ出ている滝で、女滝は取水口で明治時代に岩を掘って造られたものです。

そして、大滝の上流には、関之尾の甌穴群があります。
滝の上流で、600m、幅80mに及ぶ川床には、数千個の甌穴群(おうけつぐん)があり、世界有数の規模といわれています。
ここは、1928年(昭和3年)2月18日には国の天然記念物に指定されています。
この甌穴(小さい瓶のような穴)は、先に述べた大きな溶結凝灰岩(火砕岩の一種)の割れ目に砂や石ころが入り、水の力と長い年月をかけて出来上がったもので現在も進行中です。
大きいものは3mを越えるものなど、この一帯に数千個の穴が散在しています。
こんなに大規模なものは世界でも類がないとも言われ、フランスにあるポンデスールより大きく世界一であると地質学の権威者に称賛されているそうです。

関之尾公園(関の尾の滝)に伝わる物語もあります。
今から600年前に、時の都城城主北郷資忠公(ほんごうすけただ)が家臣を引き連れてここで月見の宴を行ったそうです。
こうこうたる月に映える滝の美しさと、甌穴の不思議な水の流れに一行は酔っていたそうです。
この宴に、庄内一の美女と言われた18歳のお雪(おしず)が呼ばれ、お殿様にお酌をしますが、緊張のあまり酒をこぼして
しまったそうです。
それを苦にしたお雪は、宴の終わった後 滝つぼに身を投げたとのことです。
お雪の恋人の経幸(つねゆき)は、日夜悲嘆にくれて滝の上から声を限りにお雪の名前を呼び続け泣き悲しみ、槍の穂先で岩に思いをこめた一首の歌を刻み残し、行方が分からなくなったそうです。

 書きおくも かたみとなれや 筆のあと
   また会うときの しるしならん

この経幸の想いが通じて、毎年名月の夜になると朱塗りの盃が滝つぼに浮かんでくるそうです。
二人を偲んで恋人道志で男滝、女滝に酒を流すと必ず結ばれるという言い伝えもあります。

PC280104.jpg
撮影したのは12月28日でしたが、この日は少しうす曇で、霧もかかっていました。
そのせいか、壮大な大滝ですが、幻想的でした。

PC280128.jpg
展望台から、吊り橋と一緒に撮影した大滝です。
上の写真はこの吊り橋から撮影しました。
滝の上流には甌穴群も見えます。

PC280116.jpg
甌穴群と、それを横断するコンクリート橋です。
大橋や甌穴群を取り囲むように遊歩道が整備されています。

PC280117.jpg
数千個にものぼる甌穴群です。
先にも述べましたが、この甌穴(小さい瓶のような穴)は、溶結凝灰岩の割れ目に砂や石ころが入り、水の力と長い年月をかけて出来上がったものです。
水の流れは急なので、所々渦巻いています。
現在も進行中なのがわかります。

ライトアップされた関之尾の滝の壁紙 p_miyazaki_07_001.jpg 
これは、私の撮ったものではないのですが、夜の関之尾滝です。
ライトアップの設備もあるようで、一段と幻想的です。

関之尾の滝MAP関之尾滝周辺の遊歩道や、各施設の地図です。
観光に行かれる方は参考にしてください。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR