井戸水と一般細菌

井戸水の中には、一般細菌が入っていることがあります。

一般細菌は、水道の基準では、1mlの検水で形成される集落数が100以下であることとなっています。
つまり、100以上あると飲料水としては不適になります。
では、 一般細菌の数値を下げる方法か、もしくは薬剤はないのか調べてみました。
井戸水の消毒(殺菌)には、水道水やプールの消毒と同じように塩素(次亜塩素酸ナトリウム溶液)を用いるそうです。
揚水した井戸水に塩素濃度が一定になるように自動的に滴下する装置が市販され、その価格は10万円前後です。
ただ、この自動滴下装置の運転には、薬品の補充だけではなく、目詰まりなどのチェックなどが必要なため、日常のメンテナンスが不可欠となります。
このため、揚水量が少なく、日間変動が大きい一般家庭での設置例は少なく、自家井戸を、野菜の洗浄、食品製造(豆腐)などに使用する小規模事業者などで設置されているケースが主だそうです。
もう一つの殺菌方法として、紫外線を利用する方法(紫外線ランプによる照射)がありますが、殺菌効果の点で問題があり、水道法では使用が認められていません。
一般細菌は、健康被害がでるような病原性の細菌ではありません。
水に含まれる病原性の細菌には、
①赤痢菌
②コレラ菌
③病原性大腸菌(O157など)
など数多く存在します。
ただし、これらの細菌を個別に検査することは、検査技術、日数、費用などの点で困難になります。
このため、「一般細菌が検出される井戸水には、病原性の細菌が含まれる可能性がゼロではない」という観点から、比較的容易に検査できる「一般細菌」が検査項目として水道法では採用されています。
このように一般細菌の検出、イコール健康被害ではありませんが、安全を考えて飲用利用は避けるべきだと思います。
なお、新しく掘削した井戸や長期間使用していなかった井戸の一般細菌数は、揚水を続けることによって低下するもよくあります。
特に、水質検査は、井戸を掘ってから、あまり期間を空けずに試験所へ出すことがほとんどです。
万一、水質検査で不適になっても、それから何日間も時間をかけて揚水を行い、改めて水質検査を受けると適合になることもあります。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR