大島石について

愛媛県今治市の北側に位置する大島は、「大島石」と呼ばれる有名な墓石があります。

実際の名前は、角閃石黒雲母花崗閃緑岩と言います。
灰色~青灰色の細粒~中粒の花崗岩閃緑岩で、花崗岩特有の石英・雲母・長石が、絶妙なバランスで美しく、気品のある石肌の御影石です。
青みを帯びた白御影で、飽きのこない、上品でありながら華やかさも兼ね備え持っている、まるで青磁の肌のような石目と言われています。
小御影に近いと言われ、艶持ちがよく、変色せず、むしろ、年月が経つほどに青みが強く感じられるようになり、ますます美しくなります。
墓石として建立した際の、凛としたたたずまいから、「石の貴婦人」という異名も持っています。
先に述べたように、細粒~中粒で、見かけ比重2.66 t/m3の硬い石材です。
「宮窪御影」とも言われ、鎌倉時代から南北朝時代にかけて作成された五輪塔や宝篋印塔にも使用されていました。
近年では、中国産の青御影石に「大島石」「新大島石」などの紛らわしい名前がつけて販売されていることが多いため、最近は、「大島石」のことを「伊予大島石」「伊予御影大島石」と呼んでいることもありますが、どれも愛媛県産の「大島石」のことです。
四国はもとより、関西や中国地方でも絶大な人気があります。
石の堅さと吸水性の低さでは、国内の花崗岩の中でもトップクラスです。
どんな過酷な状況でも、建てたときの状態長く保ち、磨けば磨くほどに味わいと深みを増していく、稀な石材であり、高級建築材としてもよく知られた石材です。
石材屋さんの間でも信用を考えたら「大島石」、と言われているそうです。
価格には幅があり、特級品は希少価値があります。安価な物では、石目の荒い物もあります。
主に墓石材として使用されていますが、記念碑、モニュメント、建築材などとしても使用されています。
「大島石」の発掘場所は、瀬戸内海に囲まれた大島の北側半分くらいが主ですが、伯方島の南側にも路頭はあります。
「大島石」の歴史は、1500年代までさかのぼり、500年の歴史を持つ石材です。
江戸時代から、堅牢で美しい石として一部の人に知られてはいましたが、採石技術の未熟さ、搬出の難しさなどから、長い間利用できないでいましたが、明治以降の採石技術の進化によって有名になりました。
古くから墓石として圧倒的な支持をあつめてきた実績のある石材で、建造物にも使用されており、国会議事堂や大阪の心斎橋にも使用されています。


「大島石」で造られた墓石です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR