小松高校と宇佐美監督

夏の高校野球が始まりました。
プロ野球と違って、一度負けたら終わりの高校野球は、それだからこそ必死さが伝わってきて感動してしまいます。
今年の愛媛県の優勝は、「済美の安楽」に期待したのですが、打線が少し弱かったのか負けてしまいました。
その中で、勝ち抜いて愛媛県の代表になったのは小松高校でした。
全国的には全くの無名校ですが、この小松高校は、かつて今治西高校や川之江高校を甲子園に導いた名将の宇佐美秀文監督が監督をつとめています。

ここで宇佐美秀文監督のプロフィールを少し紹介します。
宇佐美監督は、1957年生まれの57歳です。
今治西高校で野球をやっていましたが、レギュラーではありませんでした。
在学当時も今治西は甲子園には出場したのですが、選手として宇佐美さんがプレーする機会はなかったそうです。
そして早稲田大学に進みました。
早稲田大学でも宇佐美さんは野球部に入部しました。
信頼の厚さと実績から副主将をつとめるようになり、元阪神タイガースの岡田彰布さんらとともに早稲田大学のリーグ連覇に貢献しています。
大学卒業後、1981年に川之江高校に赴任しました。
2年間コーチをつとめ、監督に就任した1983年に同校を夏の甲子園に導きました。
そして1994年からは母校である今治西高校の監督に就任しています。
そして今治西を夏1回、春4回甲子園に導きました。
1995年の夏の大会では、ヤクルトスワローズの藤井秀悟投手を擁してベスト4まで勝ち上がっています。
この期間の戦績は次の通りです。
昭和57年選手権  64回  川之江(1) 1回戦敗退
● 2-7 東農大二
昭和58年選手権  65回  川之江(2) 2回戦敗退
◯ 3-0 日大山形
● 5-6 岐阜一
昭和60年選手権  67回  川之江(3) 3回戦敗退
◯ 3-0 八戸   
● 2-3 高知商(延長11回)
平成3年選手権  73回  川之江(4) 1回戦敗退
● 2-6 弘前実
平成7年選抜   67回  今治西(5) ベスト4
◯ 1- 0 富山商
◯ 3-2 広島工
◯ 5-4 神港学園(延長13回)   
● 2 -6 銚子商
平成10年選抜 70回  今治西(6) 3回戦敗退
◯14-2 東筑
● 1-2 関大一
平成11年選抜  71回  今治西(7) ベスト4
◯12-8 金足農(延長10回)
◯ 7-3 高田
◯ 8-5 日南学園
●3-11 水戸商
トータルで9勝7敗です。
甲子園でベスト4を2回しているのはものすごい実績です。
そして、今治西高校を勇退した後、宇佐美さんは6年ほどラジオ解説などをしていたのですが、もう一度、甲子園を目指したいと考え、2010年に愛媛県立小松高校の監督に就任しました。
でも、宇佐美さんが就任した時点の小松高校は、甲子園を目指すどころか、県内屈指の弱小校にすぎませんでした。
私の印象でも小松高校は、一回戦を勝つのが難しいくらいに弱かったと思います。
宇佐美監督が就任する前でも、3年間は公式戦で一回も勝てていませんでした。
そんな弱小野球部に部員を集めるだけでも一苦労だったそうですが、宇佐美監督の指導により、部員たちの意識も次第に変わってきたそうです。
甲子園への意識づけや厳しいトレーニングで、選手たちはメキメキと力をつけていったそうです。
そして、宇佐美監督が小松高校に就任した翌年の2011年に愛媛県秋季大会では、小松高校はなんと県内で優勝を果たします。
四国大会に進みましたが、残念ながら強豪の高知高校に勝てず甲子園へは行けませんでした。
でも、それを機に野球部員が市外からも集まるようになりました。
そして挑んだ2014年夏の愛媛大会です。
プロ注目の安楽智大投手擁する「済美高校」や、春のセンバツ大会に出場した「今治西高校」が優勝候補の筆頭だといわれていました。
しかし、そんな前評判を覆し、ノーシードの小松高校が愛媛大会を制し、悲願の初甲子園への切符を手にしました。
小松高校の甲子園への道のりとしては、
(1回戦) 小松高校11-0小田高校(5回コールド)
(2回戦) 小松高校11-1川之江高校(6回コールド)
(3回戦) 小松高校7-6帝京第五高校
(準々決勝)小松高校8-4新居浜商業高校
(準決勝) 小松高校9-2西条高校(8回コールド)
(決勝) 小松高校10-1松山東高校

第3シードの帝京第五高校ではやや苦戦しましたが、第2シードの西条高校も含めて、他の試合はぶっちぎりです。
強いと言われていた川之江高校に11-1の6回コールドで勝ったときに、私の中で「もしかしたら」と思ったことは確かです。
弱小野球部を、たった4年で甲子園に導いた立役者である宇佐美監督は、スピード感のある機動力野球が特徴です。
バンドを多用したり、スチールをかけたりして対戦相手をゆさぶり、投手の継投も素早いです。
そして、「全員野球」をモットーとしていて、愛媛大会では一試合平均で16人が出場していました。
がんばっていれば試合に出れる!という起用法が、野球部員たちのやる気にもつながっているのだと思います。
スラッガーもいます。
土岐篤功選手は「逆方向を意識させていても右中間方向にすごい打球を飛ばす」そうです。
そして、初出場の高校は、利府、鹿屋中央など、低い予想の高校も勝っています。
愛媛の高校野球ファンとしては、小松高校がどんな旋風を起こしてくれるのか楽しみです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR