アンモナイトについて

アンモナイトという言葉を聞いたことがあると思います。

現在では、砂岩などの堆積岩の中で化石として発見されますが、遠い昔の、古生代から中生代に大繁栄した生物のことです。
オウムガイやイカ、タコと同じ軟体動物の頭足類で、古生代シルル紀後期(約4.28~4.16億年前)にオウムガイから分化し、出現したと考えられています。
現在までに1万種以上が報告されていますが、恐竜などと共に、中生代白亜紀末(約6550万年前)に絶滅したと言われています。
古生代シルル紀後期から中生代白亜紀末までは、約3億5,000万年程度あります。
その間に、海洋に広く分布し繁栄していました。
アンモナイトの化石はたくさん発見されていますが、殻と呼ばれる部分だけで、アンモナイトの軟体部分は、未だに発見されていません。
同じ頭足類でもタコやイカの先祖であるベレムナイトは、軟体部の残った化石が見つかっています。
ベレムナイトは、現世のイカよりも先端がとんがった外套 (がいとう - 体の部分) をしていますが、その生態はほとんど現世のイカと変わりなかったと考えられています。
大きな目、オウムのようなクチバシを持ち、墨を吐きました。腕には多数のかぎ爪がついていたことも分かっています。
アンモナイトもそうですが、イカやタコといった頭足類は化石になることが希です。
外套の外側に殻を持たないため、死ぬと軟体部は腐敗してしまい、滅多なことでは化石にならないからです。
だから、アンモナイトは普通で、ベレムナイトは普通ではなかったのかも知れません。

アンモナイトについて、現在わかっていることは、オウムガイと同様に殻が多数の隔壁に仕切られた気室に分かれていることと、わずかに残る軟体部の痕跡から、タコやイカと同様の吸盤を備えた脚があったらしいことだけです。
アンモナイトは形も様々で、一般的な巻きをしている「正常巻き」に対して、「異常巻き」と呼ばれるものもたくさんいます。その形は、クリップ状や螺旋状、棒状、蚊取り線香状などがあったとされています。
復元図も多数描かれていますが、推測される生活様式次第で大きく変化しており、例えばタコのように海底を這い回っていたか、あるいはオウムガイのように海中を漂っていたかで全く違ったものになっています。

アンモナイトは、渦巻き状の殻がよく知られており、それ以外の部分はあまり残っておらず、軟体部に関しては先に述べたように不明ですが、いったいどんな生物だったのか想像してみました。
渦巻き状の殻は巻貝と違って平面的に巻きます。
「羊頭の太陽神アモンの石」を意味するアンモナイトという名前も、殻の形をカールした羊の角に見立てたことによるものです。
厚みや殻口の形、巻きのきつさなど殻の形状は種類によって様々で、それぞれの生活様式を反映していると考えられます。
表面の様子も、滑らかなものからうねやイボ、棘などで派手に飾られたものなど色々です。
殻口からラペットという耳状の突起が出たものもあります。
大きさもまた多様で、2cm程度のものから2m近いものまであります。
内部は、奥まで身が詰まっていたのではなく、いくつかの隔壁によって分かれていて軟体部は一番手前の部屋(住房)にしか入っていなかったと推定されています。
残りの空洞を気室といい、連室細管という管で繋がっています。
この構造がオウムガイと共通しているため、アンモナイトが巻貝ではなく頭足類だということが分かりました。
気室は浮き袋のような役目を果たし、住房と気室の配置から重心と浮力の中心の位置が分かり、水中での生前の姿勢が推定できます。
オウムガイと違うのは、
①中心にある一番最初の部屋が涙滴状ではなく球状であること
②いくつかの例外を除いて連室細管が気室の中央ではなく外側を通ること
③進化するにつれて隔壁の形が複雑なものが現れたこと
です。
アンモナイトの隔壁は縁で複雑に折れ曲がるものが多く、この曲線は縫合線と呼ばれ分類の基準とされています。
アンモナイトの和名「菊石」は、縫合線を菊の葉の複雑に折れ曲がった縁に見立てたことによるものです。

アンモナイトは、化石の中では種類によっては、かなり手に入れやすい方で、安ければ300円くらいで手に入るものもあるし、国内でもしかるべき地層に当たれば発掘は難しくありません。
世界的なアンモナイトの産地がある北海道からは、これまでに500種類以上のアンモナイトが見つかっています。
アンモナイトの見つかる地域は、浦河から夕張を経て宗谷岬にいたる北海道中央部と、釧路から根室にいたる北海道東部にほぼ限られています。
これらの地域には中生代白亜紀(約1億3500万年前から6500万年前)に海で形成された地層が広く分布しており、アンモナイトの他にも様々な化石が産出しています。


未だに、アンモナイトの化石は顎器(がくき)以外は見つかっていません。
なので、上の復元図は、あくまでも想像図です。
アンモナイトは軟体動物なので、柔らかな軟体部分が極めて残りにくいのは当然でしょう。
アンモナイトは、軟体部の筋肉組織がイカやタコに比べて軟弱であったという仮説が立てられています。
つまり「アンモナイト」は軟体で繊細な生物であり、固い殻と顎器しか化石になっていないと言う事になります。



白亜紀アンモナイト・ゴードリセラス



オウムガイ

アンモナイトを半分に切断すると、最後の半巻きから一巻きを除き、巻きの中の方は隔壁によって多数の小部屋(気室)に仕切られています。
それぞれの小部屋は、細長い管でつながっており、これと同じつくりを、オウムガイの殻の中に見つけることができます。
オウムガイの気室内には低圧のガスが入っています。
軟体部は最後の半巻きの部分(住房)に入っています。
オウムガイは成長に合わせて気室を一つずつ付け加えていきますが、新たに作られた気室内には液体が満たされています。
この液体を、気室を貫く管(連室細管)内の細胞の働きによって排出します。
気室は浮力タンクとしての役割を担い、海水より重い殻や軟体部との浮力バランスをとっています。
アンモナイトも、オウムガイと同様に海中を遊泳していたと思われています。


巨大なアンモナイトです。
 現在ではこのような巨大な渦巻き貝は存在していないと思います。


アンモナイトが生息していた時期と進化




















アンモナイトが生息していた時期と進化について、 アンモナイトの種類とともに上表にまとめています。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR