5月に猛暑日

気温が30℃を超えると真夏日と言い、35℃を超えると猛暑日と言います。

5月に猛暑日とは常識では考えられないのですが、高気圧に覆われた影響で各地で晴れて気温が上昇し、大分県日田(ひた)市では、午後2時58分に盛夏期を上回る35・6℃を観測し、今年初めての猛暑日となったほか、真夏日も日田市を含め315地点に上ったそうです。
このうち、120地点は、5月の観測史上最高値(タイ記録を含む)を更新したそうです。
このような気温の上昇で、各地で250人以上が熱中症とみられる症状で搬送され、死者も出るなど猛暑による被害が相次いだそうです。
松山は、最高気温が29.6℃だったので、まだまだしのげる暑さだったのですが、昼間は家にいても、何もしないのに汗が滲んでくるほどでした。
熱中症は、真夏の8月や9月よりも、今の季節の方がなり易いそうです。
そして、今日は昨日よりも暑くなりそうなので注意が必要ですね。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR