四阪島の歴史

愛媛県には島がいっぱいありますが、その中でも別子銅山の頃に重要な役割を果たした「四阪島」があります。

「四阪島」(しさかじま)は、瀬戸内海の燧灘に位置し、大島 (愛媛県今治市)の南東約10km、新居浜市の北約20kmに浮かぶ島です。
「四阪島」は、「家ノ島」「美濃島」「明神島」「鼠島」「梶島」の5つの島で構成されていますが、一般に「四阪島」と呼ばれています。
行政区は愛媛県今治市宮窪町四阪島となっていますが、産業的にも社会的にも新居浜市と深いつながりを持っています。

(1)別子銅山と四阪島
別子銅山は住友によって1691年(元禄4年)に開坑しています。
それ以来、銅の製錬事業所を別子銅山麓の山根地区、そして新居浜港地区と移してきました。
しかし、いずれも亜硫酸ガスによる煙害の問題により木が大量に枯死するなどしていました。
そこで、やむなく1905年(明治38年)1月に、当時の別子銅山の支配人をしていた伊庭貞剛さんの決断で、当時は無人島であった「四阪島」に移すこととなったそうです。
製錬所造成時には、独立した島だった「家ノ島」と「美濃島」は埋め立てられ陸続きとなり、「家ノ島」に精錬所、「美濃島」には社宅等が設置されました。
学校は、私立の住友四阪島尋常小学校が1901年(明治34年)に設置され、1920年(大正9年)には生徒数1,000人を数えたそうです。
1922年(大正11年)には海底ケーブルにより新居浜市から電気が供給されました。
これらにより、無人の島は別子銅山の製錬所として大きく発展し、人口は大正時代に最大5,500人を超え、昭和30年代においても4,000人近くいたそうです。
しかしながら、精錬所が「四阪島」に移転したことにより、煙害はかえって広範囲に広がる結果となったそうで、被害は1939年(昭和14年)の硫煙処理装置の設置まで続いたそうです。
別子銅山の閉山、新居浜東予精錬所の操業開始により、精錬所としての重要性は低下、順次合理化が図られ、1976年(昭和51年)12月に溶鉱炉の火は消え、1977年(昭和52年)4月には一部の工場関係者を除いて島を離れ、小中学校も廃校となりました。
同じような瀬戸内の離島で、大正以降三菱の銅精錬の島となった香川県直島と同じような繁栄と煙害の道を歩んだのですが、もとから集落の栄えていた直島とは異なり、「四阪島」は1988年(昭和63年)以降、人口ゼロの島にまた戻りました。
71年間に精錬した銅は約220万トンにものぼると言われています。
但し、1977年(昭和52年)には住友金属鉱山酸化亜鉛の製造工場が完成し、従業員が新居浜港から船で通勤することとなりました。
工場は現在も稼動中であり、毎日新居浜港から事業用の定期便の船が出ており、島内には50人前後の人が従事しているそうです。
そして、こうした経緯から、「四阪島」は「瀬戸内の軍艦島」と呼ばれることもあります。
ただ、軍艦島と違うのは、住友金属鉱山が所有し、厳格に管理されており、工場も稼動しています。
住民登録されていないので無人島には変わりは無いのですが、工場には24時間従業員が常駐しています。
部外者の立入は一切認められておらず、元島民であっても、上陸はできません。
但し、島の近隣は良い漁場となっており、釣り客が渡船で上陸することもあるそうです。
「四阪島」への無許可での上陸は禁止されていますが、このような場合は会社側が黙認しているそうです。

 
「家ノ島」にある精錬所を「美濃島」から撮影しています。
この精錬所のシンボルともいえる巨大煙突は、2011年に取り壊されてしまったそうです。


「美濃島」にある共同住宅です。
今でも住んでいると思われるくらい、外観はきれいなままで残っています。
但し、この撮影は30年くらい前に写したそうですが。


ここは、やや風化が進んでいますが、まるで街道の宿場町のような街並みが、今も残っています。


これは、島を貫く地下トンネル通路だそうです。


手前の「家ノ島」は、生産エリアで工場が建設され、向こうの「美濃島」は生活エリアで住宅や学校などが建設されていたそうです。
「家ノ島」と「美濃島」の間は埋め立てられ繋がっています。 
 

四阪島(しさかじま)


(2)四阪島のプロフィール
●住所/愛媛県今治市宮窪町
●家ノ島・美濃島・明神島・梶島・鼠島の総称を「四阪島」と呼んでいます。
①家ノ島・美濃島(いえのしま・みのしま)
●面積/1.26km2
●人口/住民0人
●アクセス/
[高速船]新居浜港→四阪港(35分)
[普通船]新居浜港→四阪港(1時間10分)
※但し、社有地のため許可がなければ立ち入れません。
★「四阪島」の中心は埋め立てられて陸続きになっている「家ノ島」と「美濃島」です。
かつては日本一の銅精錬所があったところで、大正末期には人口5,500人にも達しています。
★しかし、繁栄の一方では煙害が広範囲に及び明治38年操業から昭和14年に硫煙処理装置が設置されるまで被害が続きました。
★その後別子銅山の閉山、新居浜に新精錬所が出来たことなどにより四阪島精錬所は昭和51年12月に幕を閉じることとなりました。
★現在では製鉄所から排出される煙灰から酸化亜鉛を回収する工場がフル稼働しており、数十人が新居浜から船で通勤しています。
★島には繁栄を誇った当時の溶鉱炉などの文化遺産が残されています。
②明神島(みょうじんしま)
●面積/0.41km2
●人口/無人島
★精錬所が華やかなりし頃に家ノ島や美濃島へ野菜を供給するため、耕作が行なわれていたこともあります。
★精錬所の規模が縮小するとともに昭和45年無人の島になります。
③梶島(かじしま)
●面積/0.19km2
●人口/無人島
★この島も精錬所へ野菜を供給するために農地が耕作されていました。
④鼠島(ねずみしま)
●面積/0.04km2
●人口/無人島
★精錬所関係者の火葬場や納骨堂が置かれ、無縁仏などの供養が行なわれていましたが、昭和62年に「美濃島」に供養等が移設されるなどして、その役目を終えました。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR