井戸水の水質試験

水道水は水道法第4条に基づき、省令により50項目の水質基準値が決められ、平成21年4月施行されています。

これは「全項目検査」と呼ばれる検査で、水道施設では原則として年1回の頻度で検査が行われています。
但し、水道ではない自家用井戸については、水道水のように水質検査の義務はありません。
したがって所有者の自己責任で使用していますが、私たち井戸の専門業者や保健所等では定期的に検査を受けることを勧めています。
測定項目は、50項目の中から選択して行うことになりますが、重要な項目として、
①大腸菌
②一般細菌
③塩化物イオン
④有機物(TOC)
⑤硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
⑥pH
⑦色度
⑧濁度
⑨味
⑩臭気
が該当しています。
通常、年1回程度の検査で良いと思います。
鉄、マンガンは有害物質ではなく、飲用しても健康に直接関係する項目ではありませんが、多く含まれると井戸水の味を悪くしたり、着色や濁りの原因になり、飲用だけでなく洗濯等にも不向きです。
そこで前述した10項目に加えて、鉄、マンガンの検査を行う保健所等の検査機関も多く見られます。
井戸の周辺で土地利用状況に変化があった場合など、井戸水の水質に影響が出る場合があります。
このような場合は、私たち井戸の専門業者や保健所等に相談されて、検査項目を追加することも場合によっては必要です。

                 水質基準項目一覧表
項目項目
01一般細菌26総トリハロメタン
02大腸菌27トリクロロ酢酸
03カドミウム及びその化合物28ブロモジクロロメタン
04水銀及びその化合物29ブロモホルム
05セレン及びその化合物30ホルムアルデヒド
06鉛及びその化合物31亜鉛及びその化合物
07ヒ素及びその化合物32アルミニウム及びその化合物
08六価クロム化合物33鉄及びその化合物
09シアン化物イオン及び塩化シアン34銅及びその化合物
10硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素35ナトリウム及びその化合物
11フッ素及びその化合物36マンガン及びその化合物
12ホウ素及びその化合物37塩化物イオン
13四塩化炭素38カルシウム、マグネシウム等(硬度)
141,4-ジオキサン39蒸発残留物
15シス-1,2-ジクロロエチレン40陰イオン界面活性剤
16ジクロロメタン41ジェオスミン
17テトラクロロエチレン422-メチルイソボルネオール
18トリクロロエチレン43非イオン界面活性剤
19ベンゼン44フェノール類
20塩素酸45有機物(全有機炭素(TOC)の量)
21クロロ酢酸46pH値
22クロロホルム47
23ジクロロ酢酸48臭気
24ジブロモクロロメタン49色度
25臭素酸50濁度

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR