FC2ブログ

松山平野の地形地質

愛媛県の西部に広がる松山平野は、西側が瀬戸内海と伊予灘に面し、北東側を高縄山地、南東側を石鎚山脈、南西側を出石山地に囲まれた東西約20km南北約17kmの県下で最も広い扇状地の沖積低地となっています。
松山平野を流れる主な河川は重信川及びその支流である石手川で、高縄山系から伊予灘へ向かってほぼ東西方向に流れています。

松山平野内には独立した丘陵地がいくつか見られます。
このうち弁天山~岩子山~大峰ヶ台~城山(松山城)~石手寺にかけて、断層で岩盤の種類がくっきり分かれています。
南側は和泉層群の砂岩、泥岩が見られますが北側は領家帯の花崗岩になっています。
近くに行ったときにはぜひ確認してください。
この山より南側にある丘陵地(天山、亀山、星岡山)はすべて和泉層群の砂岩、泥岩が見られます。

岩盤が出ているところはこれだけであとは表面は沖積層と呼ばれる土砂に覆われています。
重信川の上流部(東温市)から中流部の井門町付近にかけては礫が主体となっています。
これから下流に進むにつれて徐々に粘性土を挟むようになり、余土地区ぐらいから砂も多くなってきます。
河口部の松山空港付近ではほとんど砂に土層が変わっています。

岩盤の深度はどれぐらいでしょう。
丘陵地の近くは当然浅く出ますが例えば城山近辺だと松山市役所で50m~60m、松山市駅だと100m~150m、JR松山駅だと200m以上と推定されています。
構造物(マンションなど)を造る時はそれまでに支持層があるので岩盤を確認しなくてすみます。
したがってあまり詳しいデータはないですね。

株式会社NTO
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR