ノルウェーのプレーケストーレン

ノルウェーにプレーケストーレン(ノルウェー語: Preikestolen)があります。

断崖絶壁の一枚岩で、高さは604mもあるそうです。
ノルウェーにあるフィヨルド、リーセフィヨルドの崖の一つであり、ノルウェー西海岸のスタヴァンゲルから観光客が訪れるリーセフィヨルドの観光スポットの中でも、シェラーグと並ぶ人気のある場所の一つで、有名な観光地です。
「死ぬまでに一度は訪れたい世界の名所」の第一位にも輝いたことがあるというので驚きです。
崖の頂上はおよそ25m四方の正方形になっており、「演説台」を意味する名前の「Preikestolen」はこの形状から来ているそうです。
絶壁の崖の上は平らですが、防護柵もありません。
そして、冬の期間は雪が降って地面が凍り、滑りやすいためトレッキングは禁止されています。
最も観光に適したシーズンは4月から10月頃だそうで、日本人の観光客も訪れるそうです。
このプレーケストーレンですが、実際は下から風が吹き付けていたり、大きな割れ目が覗いていたりと、写真では伝わらない恐怖があるそうです。

ここは、首都オスロから南西200キロ程度で、オスロ第二の都市ベンゲルからは南下してフェリーで4.5時間、スタバンゲル(スタヴァンゲル・Stavanger)という麓の町を基点として行く方法が基本だそうです。
スタバンゲルから1日あれば、プレーケストーレンへ登って帰ってくることができるそうです。
スタバンゲルからはフェリーで40分程度の「タウ」という町に行き、そこからバスで30分かけて、登山道の入り口のプレーケストーレンヒュッテ(ロッジ)に向かい、ヒュッテからプレーケストーレンを目指し登ることができます。
山登りは、片道2時間程度ですが、登山靴などは必須だそうです。

ノルウェーの断崖絶壁「プレーケストーレン」04
ものすごい断崖絶壁で、覗き込むのには勇気が必要です。
真ん中あたりで、遠くの景色を楽しむのがベストかも知れません。

ノルウェーの断崖絶壁「プレーケストーレン」03
でも、覗き込んでいる人がいます。
腰は引けていますが。

ノルウェーの断崖絶壁「プレーケストーレン」05
観光地だけに、人でいっぱいです。
これだけ人がいるのに防護柵の一つもないなんて、日本では考えられないと思います。

ノルウェーの断崖絶壁「プレーケストーレン」01
これはすごい光景です。
断崖絶壁に腰をかけているなんて信じられません。
神経まで麻痺しているのでしょうか?
それとも、思ったほど、あまり恐怖感を感じないのでしょうか?
高所恐怖症の人だと、見ただけで気絶しそうな光景です。

ノルウェーの断崖絶壁「プレーケストーレン」02
岩石は、花崗岩らしいのですが、所々に亀裂が入っているのが写真でもわかります。
こんなにも危険なところですが、転落客は、2013年の10月に一人だけだそうです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR