温泉と鉱泉の違い

愛媛県では、有名な「温泉」として道後温泉がありますが、「温泉」とよく混同して利用される語句に「鉱泉」があります。
一般的な「温泉」と「鉱泉」の違いとしては、温度が高い水が「温泉」で、温度が低くて鉱物質を多量に含有する水が「鉱泉」であると言われてはいますが、しかしこの表現は必ずしも正しくはありません。
そこで、「温泉」と「鉱泉」の違いについて調べてみました。

(1)温泉とは
「温泉」とは文字通り“温かい湧き水”のみを指すと考える人が多いと思われていますが、1948年(昭和23)に制定された、温泉開発や利用について規制する「温泉法」には、次のように定められています。
これによると、温泉」とは「地中から湧出する温水、鉱水および水蒸気、その他のガス(炭酸水素を主成分とする天然ガスを除く)で、湧出口での温度が摂氏25度以上のものか、鉱水1kgの中に定められた量以上の物質が含まれるもの」とあります。
つまり温度が25℃以下でも、規定物質を一種以上含んでいれば「温泉」と言えることになります。

(2)温泉の定義
温泉と呼べるものは次の2項目のうち1項目をクリアすることが必要です。
1)源泉温度が25℃以上であること。
2)次の19種類のの特定の成分のうち1種類以上が規定値に達しているもの。

①溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000mg以上
②遊離炭酸(CO2) 250mg以上
③リチウムイオン(Li+) 1mg以上
④ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上
⑤バリウムイオン(Ba++) 5mg以上
⑥フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++) 10mg以上
⑦第一マンガンイオン(Mn++) 10mg以上
⑧水素イオン(H+) 1mg以上
⑨臭素イオン(Br-) 5mg以上
⑩沃素イオン(I-) 1mg以上
⑪フッ素イオン(F-) 2mg以上
⑫ヒ酸水素イオン(HAsO4--) 1.3mg以上
⑬メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
⑭総硫黄(S)[HS-,S2O3--,H2Sに対応するもの] 1mg以上
⑮メタホウ酸(HBO2) 5mg以上
⑯メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
⑰重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
⑱ラドン(Rn) 20×10-10Ci以上
⑲ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上

(3)温度「泉温」による分類
①冷鉱泉 25℃未満
②低温泉 25℃以上34℃未満
③温泉泉 34℃以上42℃未満
④高温泉 42℃以上
入浴でもっとも気持ちの良いと言われる風呂の水温は42℃と言われているため、温泉地の大浴場はほとんど42℃前後に設定されています。
そこで、「冷鉱泉」「低温泉」「温泉」は加熱しなければならない場合がほとんどです。
「高温泉」がもっとも温泉らしく感じられるはずです。

(4)温泉の種類
①単純温泉
泉温が25℃あっても、温泉水1kg中に含有成分が1000mgに満たないものです。
刺激が少なく、効能もさまざまなので幅広く利用されています。
②二酸化炭素泉(単純炭酸泉)
温泉水1kgに遊離炭酸1000mg以上を含むもので、炭酸ガスが溶けていて細かい泡が出るため、「泡の湯」「ラムネの湯」とも言われています。
血管の拡張が強まるので血圧が下がります。
③炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉・重曹泉)
アルカリ性の泉質で重炭酸土類泉、重曹泉の2種類があります。
無色透明で肌をなめらかにする効果があり、特に重曹泉は皮膚を柔らかにして汚れをとるので、「美肌の湯」とも呼ばれています。
④塩化物泉(食塩泉)
海水の成分に似た食塩を含んでおり、入浴後肌に付いた塩分が発汗を抑えるため、保温効果抜群です。
「熱の湯」とも呼ばれます。
⑤硫酸塩泉
飲むと苦味のある温泉で古くから「傷の湯」とも呼ばれ、カルシウムを含む石膏泉、ナトリウムを含む芒硝泉、マグネシウムを含む正苦味泉の3つに分けられます。
⑥含鉄泉
炭酸鉄泉、緑ばん泉の2つに分けられます。
湧出したときは無色透明ですが、空気に触れると茶褐色に変色し、効能も弱まります。保温効果が高く、飲用すると鉄分の補給にもなります。
⑦含アルミ二ウム泉
無色透明、または黄褐色の酸味を含むものもあり、酸性泉と並んで殺菌力が強い温泉です。
⑧含銅-鉄泉
含鉄泉のように空気に触れ酸化すると不透明な黄色になり、茶褐色の沈殿物ができます。
鉄分を含むので、よく温まりますが石鹸はあまり効きません。
⑨硫黄泉(硫化水素泉)
特有の卵が腐ったような匂いがあり、血管を拡張させる作用があります。
硫化水素は有毒なので換気が不可欠です。
黄白色の沈殿物は「湯の花」と呼ばれます。
固くなった角質を硫黄が軟化させ溶かしてくれます。
ニキビ・吹き出物にも有効です。
⑩酸性泉
殺菌力が大変強く、肌に染みる強い刺激があり、肌の弱い人には向きません。
慢性的な皮膚病の治療などに利用されます。
⑪放射能泉
微量の放射能を含み、ラジウム泉、ラドン温泉とも呼ばれています。
微量の放射能は人体に良い影響を与えることが実証されています。

(5)鉱泉とは
鉱泉(こうせん)を簡単に説明すると、地下からの湧水(わきみず)で、医学的見地から治癒成分を含んだ水のことだと言われていますが、「鉱泉」という言葉は明治時代初期からだそうです。
明治6年から内務省衛生局によって編纂された「日本鉱泉誌」全3巻が明治19年に刊行されています。
そして、ここに当時における「鉱泉」の定義が記されています。
ここでいう「鉱泉」とは、地下から湧出する水で多くの成分が溶け、しかも温度が普通の水より高いもので病気療養に効果があるものを指すと規定されています。
但し、「鉱泉」と「常水」との区別は厳密には大変難しく、実用上も不便をきたさぬようそれまでの多くの経験などを取り入れて新たな「鉱泉」が定義されました。
それによると「鉱泉は、常水との比較で違いが明確になる。常水と比べて溶けている成分の量が多いか、温度が高いものをいう。」とあります。
つまり、「鉱泉」は、匂いがあったり、舐めると味がしたり、或いは色が付いているといった特徴もありますが、何より重要なことは人体に作用して病気の治癒効果を持つことだと思います。
したがって、「鉱泉」の決定には温度や溶存成分ばかりでなく、水が持つ薬治効能が重視されていました。
さらに「日本鉱泉誌」には、「鉱泉」の温度や泉質による分類法が詳細に記載されており、「鉱泉」は地表に湧出する温度により大きく「温泉」と「冷泉」に分類されていました。
この頃の「温泉」は「鉱泉」の一部でした。
「日本鉱泉誌」では温度の低い異常水を「冷泉」とされ、「温泉」に対して「冷泉」は大変分かり易いものの、「冷泉」という語句は普及せず、この「冷泉」を「鉱泉」と呼んできました。
したがって、現在において多くの人々が「鉱泉とは温度が低くて鉱物質を多量に含有する水である」と固定観念を抱いているのはこのためだとされています。
先に述べたように、昭和23年に「温泉法」が制定され、この際それまでの「鉱泉」に代わって全てを「温泉」と呼ぶようになりました。
なおかつ、現在における「鉱泉」は環境省が定める「鉱泉分析法指針」における定義に位置づけられているため、「温泉」と「鉱泉」の明確な区分を著しく混迷させています。
「温泉法」には「鉱泉」という語句を用いておらず、全てを「温泉」として呼ぶようになっていますが、学問的には法に示す「温泉」を「鉱泉」とし、それを「温泉」と「冷泉」あるいは「冷鉱泉」に分類するのが妥当だと思われます。
 
(6)鉱泉の定義
「鉱泉」についての定義付けは、温泉法第2条の規定に基づき、「常水」と区別するとともに特に治療の目的に供するものを規定し、さらにその「常水」と区別するための分析法を規定することを主な目的として昭和26年に定められた「衛生検査指針温泉分析法(現:鉱泉分析法指針)」第1項1-1条になされています。
この指針による「鉱泉」とは、「地中から湧出する泉水で、多量の固形物質又はガス状物質若しくは特殊の物質を含むか、あるいは泉温が泉源周囲の平均気温より常に著しく高温を有するものをいう。鉱泉中、特に治療の目的に供されるものを療養泉ととする。」とされています。
つまり、「温泉法」の第2条に規定する「温泉」のうち、「水蒸気その他のガス」を除いた泉水を「鉱泉」として定義づけ、さらに何らかの医療的効果が期待できるものを「療養泉」として規定しています。

(7)私の見解
最近では、「温泉」という言葉があまりにも有名になって、湧水で温度が高ければなんでも「温泉」と呼んでいます。
実際に、温泉地でも、「○○温泉」はいっぱいありますが、「○○鉱泉」とは名づけなくなっています。
私の見解では、「鉱泉」は、「温泉」「冷泉」「冷鉱泉」を含めたすべての湧水とするのがわかりやすいと思っています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR