南阿蘇村の竹崎水源

熊本県の南阿蘇村には、「日本の名水百選」にも選ばれている 白川水源を始めとし、数多くの水源があります。

(1)南阿蘇村の11ヶ所の水源
よく知られている所としては、11ヶ所の水源があります。
①白川水源
阿蘇白川駅から徒歩約15分です。
小川の横の道を100m位行くと、白川水源の入口があります。
入場料100円を払って入り、さらに奥には吉見神社があります。
豊富な湧水量と水の美味しさで、南阿蘇村だけでなく、熊本県を代表する水源地です。
周囲には遊歩道も整備されており、ゆっくり時間をかけて楽しめます。
②竹崎水源
阿蘇白川駅から徒歩20分のところにあります。
駐車場はなく、農道を400m位歩いてたどり着きます。
水源地というより地中から流れ出す川と呼ぶ方がふさわしいと思います。
毎秒2トン・毎分120トンの湧水量を誇る水源地です。
水田約350町歩に灌漑用水として利用されています。
③妙見神社の池
妙見さんと呼ばれ親しまれています。
熊本県では妙見様は水源に祀られることが多く水神様として信仰されています。
④吉田城御献上汲場
阿蘇白川駅から徒歩20分のところにあります。
高森方面に向かい右に入った道の案内板から狭い曲がり角を左に折れ、細い道を通ってたどりつく水源地です。
⑤小池水源
他の水源地よりも湧水池が大きく子どもたちがよくここで釣り遊びをしています。
明るく静かな水源地です。
⑥明神池名水公園
阿蘇白川駅から徒歩約10分です。
日本庭園風の名水公園です。 約750㎡の池があり、底からはこんこんと清水が湧き出ています。
産神を祀った郡塚神社があり、大きな池の脇に湧きだす水は、安産の効果があるとの言い伝えがあり「誕生水」と言われています。
近くには鬼勘兵衛記念館やそばを食べれるお店もあります。
⑦池の川水源
中松駅から徒歩10分のところにあります。
広い道路のすぐ脇に湧き出る水源地です。
小さいながらもこんこんと湧き出る清水にちょっと一服できます。
⑧湧沢津水源
中松駅から徒歩15分のところにあります。
駐車スペースもあり、休憩所が整備された憩いの場所です。
⑨寺坂水源
南阿蘇白水駅から徒歩10分のところにあります。
南阿蘇鉄道の鉄橋の真下に湧く水源地です。
走る電車を真下から眺めながらのんびり涼めます。
⑩川地後水源
いつもきれいな花で彩られている小さな水源地で、東屋もあります。
⑪塩井社水源
水の生まれる里白水高原駅から徒歩20分です。
小川が流れる横の道を220m位進みと塩井神社に到着します。
水源地はその境内にあります。
毎分約5トンの湧出量があり、およそ30㎡の池を形成しているそうです。
塩井神社境内の静寂な空門に青くて深く、水底だけがゆらゆらとゆれる湧水池です。

(2)竹崎水源について
この11箇所の水源の中で、竹崎水源について調べてみました。
竹崎水源は、阿蘇カルデラ中央火口丘(阿蘇五岳)からの湧水ではなく、南外輪に降った雨が地下をとおり湧き出している水源地です。
すぐ近くで白川が両併川と合流していますが、この湧水は両併川に流れ込んでいます。
総水量は1秒に2トン、毎分120トン、1日17万2千トンという、ものすごく膨大な量で、両併川より数倍の流量のように見えます。
水源地は池というよりも川のようになっており、川に沿うように湧水地点が並んでおり、黒い砂を吹き上げている様子は壮観で、四国では見られない光景です。
一般に、山の中腹に降った雨は地下にしみこみ、水を通さない岩盤などの層の上を流れていきますが、竹崎水源の場合、水を通さない層がどのようなものか不明ですが、地下の岩盤に沿って流れる水が未固結の地層のとぎれた場所から地表に現れることにより、湧水の吹き上げ見られることになります。
岸辺には竹林や椿が自生しており、地元では椿の根付近から湧き出す水がおいしいとのことです。
また、この水源地には水草が大量に繁茂しており、湧水の流れに合わせて揺れる様子は心を和ませてくれます。
そして、春先には岸辺にセリが芽を出します。
清水に育ったセリには何とも言えない芳香を含んでおり、旬の味を楽しむことができます。
竹崎水源は、このように自然を楽しめますが、農業用水としても重要な役割を果たしています。
久木野村の水田約700haの内の半分の、約350haの水田へ水を供給しています。
久木野村にとって、竹崎の水源が枯れれば村の農業は成り立たなくなってしまいます。
したがって水源は南阿蘇村(旧白水村)にありますが、その恩恵は久木野村が受けていることになります。
ミネラルデータは、
・pH7.8
・ナトリウム9.35mg/l
・カリウム6.33mg/l
・カルシウム22.8mg/l
・マグネシウム7.32mg/l
となっています。 

イメージ 6 
ここが竹崎水源地です。
まるで河川のようです。
総水量は1秒に2トン、毎分120トン、1日17万2千トンという、ものすごく膨大な量です。
愛媛県の重信川などは、普段は表面にはこれほどの水は流れていないと思います。

画像
写真では分かりずらいですが、砂を巻き上げながら水が噴出しています。
水面の至る所でこのような光景が見られます。
そして、この水はものすごくきれいだそうです。


南阿蘇村に分布している水源地です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR