FC2ブログ

希少糖の大量生産と効用

希少糖って知っていますか?
希少糖(きしょうとう、rare sugar)は、「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」と定義されています。
自然界にはほとんどないので希少糖と名づけたのでしょう。
でも、この希少糖が大量生産できるようになったそうです。

まず、希少糖とは、簡単に説明すると、ノンカロリーの砂糖だそうです。
甘味は砂糖の7~8割程度ですが、普通の砂糖は1グラムで4キロカロリーのエネルギーを出すのに、希少糖は0・39キロカロリーしかないそうです。
この希少糖は、ダイエットにも役立つ物質だそうです。
また、血糖値が下がったり、内臓脂肪が減少したりという効果が認められているそうです。

大量生産の技術は、香川大学農学部の教授(微生物利用学)である何森(いずもり)健さんらのグループが成功したそうです。
何森さんの研究室は、約30年にわたって希少糖の研究を続けてきたそうです。
そして、1991年に、キャンパスの土から分離した微生物を使って希少糖を作る実験をしていたところ、これまで見たこともない変わった物質が出現したそうです。
分析の結果で明らかになったのは、その生成物は全く新しい酵素によって作り出されたものでした。
酵素とはタンパク質の一種で、生体内で起きる化学変化に触媒として作用する物質です。
何森さんたちの研究は、微生物(バクテリア)や、それがつくる酵素を使って希少糖を作り出そうというものでした。
そして、その酵素は、特定の希少糖にだけ反応してできるそうです。
自然界にほとんどない物質に反応する酵素なので「古い時代の遺伝子が残っているのでは」(何森さん)とも推測され、希少糖の存在の不思議さをも示しています。
何森さんは、「全くの幸運」と新酵素の発見を表現していますが、新物質を見分けて分析する能力や経験がなければ、その幸運もなかったと思います。
そして、新酵素の働きの中で、最も注目されたのは、安価な果糖(D―フラクトース)を希少糖(D―プシコース)に変える能力です。
何森さんたちは、この酵素でバイオリアクター(生物反応器)をつくり、改良を重ねて「D―プシコース」を安定生産することに成功したそうです。
「D―プシコース」は、それまでアメリカの会社が、有機化学的手法で少量を生産していましたが、一グラム五万円もする高価なものでした。
それが新しい酵素を使えば、簡単に作れるそうです。
年間百キロの生産も可能だそうです。

香川県丸亀市の城南小学校では、給食などで希少糖を砂糖の代わりに使っているそうです。
子供たちの評判として、「めっちゃ美味い」「甘い」とのことです。
「D―プシコース」と一緒に食事をすると、小腸でのブドウ糖の吸収を抑えてくれるそうです。
小腸の壁に「D―プシコース」が入り込んで、ブドウ糖の吸収を阻むそうです。
だから、結果的に太りにくくなるそうです。
体のメカニズムとしては、糖はどんな糖であっても体に入ると血糖値が上がり、身体がインシュリンを放出して食欲を呼び起こして太るというのが当たり前です。
私は糖尿病ですから、砂糖などを食べると当然ものすごく血糖値が上がります。
酒は好きなのでやめられませんが、糖分はほとんどとらないように気をつけています。
でも、「D―プシコース」は、食後血糖ならびにインスリンの上昇を抑制する効果」と「抗肥満効果、動脈硬化抑制作用」が高く、糖尿病にもなりにくいとされています。
もう少し早く知っていたら、私も糖尿病にならずに済んだかも知れません。

希少糖の効用として、
①活性酸素産生抑制作用 活性酵素抑制剤(機能性食品、化粧品)
②臓器虚血保護作用 虚血保護剤、臓器保存剤(医薬品)
③癌細胞増殖抑制作用 制癌剤(医薬品)
④糖尿病予防作用 血糖硬化剤(医薬品、機能性食品)
⑤動脈硬化防止作用 抗高脂血症剤(医薬品、機能性食品)
⑥脂肪合成抑制作用 抗肥満剤(機能性食品)
など、幅広いものです。
希少糖は、応用性があり、医薬品・機能性食品・化粧品など人体への応用のみならず、他の動物、昆虫、微生物などへの応用、さらには植物への応用のほか、工業材料としての応用も可能だそうです。

a4f3c8a57a2aee157dea29522910c0a3 300x171 痩せて若返る魔法の砂糖!!希少糖とは??効果や値段は??
この図は、この世に存在する糖の種類のイメージ図です。
緑色は自然界に大量に存在する糖で、赤い小さい丸が自然界には
微量しか存在しない糖で、これが『希少糖』だそうです。
そして、丸の大きさが自然界に存在する量の大きさを表しています。
つまり真ん中ある一番大きい丸、D-グルコース (ぶどう糖)がとに
かくたくさんあるということです。

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR