三角点について

山の頂上や、頂上付近に四角柱の石柱を見かけることがあります。
これが三角点です。

三角点とは、三角測量を行う時に地表に埋定された基準点のことです。
一般には、四角柱の石柱は、「三角点標石」と呼んで、これが経度・緯度の基準になります。
同じような「標石」で、高さの基準になるのが「水準点標石」ですが、これは道路の近くとかの低いところに設置しているのがほとんどです。
三角測量は、三角形の一辺の距離と二角の角度を知ることにより、他の二辺の距離を計算で求める方法です。
そして、その三角測量を実施したとき、地表に埋定された基準点のことを三角点と言います。
国土地理院発行の地図(2万5千分の1、5万分の1、20万分の1など)て゜、△の記号で表示されているのが三角点です。
一等から四等までの4種類があり、重要さや基本的性質から区別されているようです。
この一等~四等までの三角点は、地殻変動その他を知る重要な点なので、一等18cm角、二等と三等は15cm角、四等は12cm角の御影石(花崗岩)若しくは硬質の岩石の標石を、その地点に埋設して、上面の中央に+印が刻まれています。
中央+印が三角点における経度・緯度の座標位置であり、また標高にもなっています。

日本の近代測量の基本となった三角測量は、工部省測量司が、明治4年にイギリス人のマクヴインさんの指導のもとで、東京府下に13点の三角点を設置したことが始まりだそうです。
その後、明治15年には、この三角点の選点 100点が終了し、明治17年からは陸軍省参謀本部測量局(明治21年陸軍参謀本部陸地測量部)がこの測量を引き継ぎ、この頃から全国的な三角測量が始まったそうです。
一等三角測量は、大正2年にはひととおりの観測が終了しています。
その後、千島や、樺太、台湾といったいわゆる外地の測量が実施され、そのあとは地殻変動をとらえる目的も併せ持って、繰り返し測量が実施されて現在に至っています。
私が測量を学んだころには、まだ光波測距器が一般に出回ってなかった時代でした。
そのために、測量実習で三角測量も行いましたが、近年はGPSなどの測量技術が進歩し、三角測量はほとんどされなくなっているようです。

三角点には一等から四等までの4種類があります。
◆全国にある三角点の数<2003年3月末現在>
種類点数一辺設置の間隔(面積)設置の間隔(距離)
一等三角点 972点
(うち補点約650点)
18㎝角1500k㎡に1点
(補点は500k㎡に1点)
45.0km間隔
(補点は25.0k)
二等三角点5,056点 15㎝角55k㎡に1点8.0km間隔
三等三角点 32,699点 15㎝角8k㎡に1点4.0km間隔
四等三角点 64,557点  12㎝角2k㎡に1点2.0km間隔
合計103,284点------------

この表の他に、五等三角点もあるようです。
明治22年(1899年)に国土地理院の前身である陸地測量部が「海中の小岩礁の最高頂を観測し、其の概略位置及高程を算定し、之を五等三角点と称すること、尋て市街地の高塔等亦之に準することに定めたり」とあります。
つまり、三角点標石を設置するのが困難な小岩礁は、その最高点を五等三角点とし、火の見櫓や煙突等の市街地の高塔もこれに準じたそうです。
その後は、五等三角点の新設は行われておらず、また四等三角点以上への切り替えや廃止が行われたため、現在は沖縄県の小島の3か所が残存しているのみだそうです。

先に述べたように、三角点の約半数は明治・大正時代に設置されています。
そして、一等三角点の約4割は標高500m以下の低地に設置されています。
また、一等三角点の重さは90kg(24貫)あって、明治・大正時代には人夫がその石を背負って山頂まで運んだそうです。
三角点の標石は、地上に出ている部分が約4分の1の高さで、地下には残り4分の3の柱石が埋まっています。
一等の場合はさらに下方盤石がその下30センチに埋められてます。
最近では、コンクリートで「三角点標石」を囲んでいるのも見かけます。

三角測量が目的ではないのですが、山の頂上付近で「三角点標石」を見つけることがよくあります。
でも、木が育っているので、周りが見渡せないことがほとんどです。
光波測距器を使って経度・緯度を移すにしても、別の「三角点標石」を、どこか1箇所は見れないとその「三角点標石」は役に立ちません。
明治・大正時代に設置されたものなので、これは無理もないのですが、もうそろそろ見直しが必要だと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR