愛媛県最南端の高茂岬

愛媛県最南端の岬である高茂岬を紹介します。

高茂岬(こうもみさき)は、愛媛県南宇和郡愛南町に属しています。
豊後水道に突き出る船越半島の最先端の岬で、足摺宇和海国立公園に指定されています。
高茂岬も、近くにある天嶬鼻と同様に、第2次世界大戦中には、岬先端には砲台が設置されていたそうです。
また、潜水艦などの侵入を察知する防備衛所である高茂衛所(えいしょ=守衛・衛兵のつめている場所)も、由良衛所と共に設置されていたそうです。
高茂岬は、少し急な遊歩道を降りると、海と風が作り上げた80~100m級の断崖絶壁が連なっているのが見えてきます。

42-IMGP1359.jpg
高茂岬の駐車場を少し下りると展望所が見えてきます。
この日は少し曇り空でしたが、暖かかったので、ベンチに座り弁当を食べている
人もいました。

43-IMGP1363.jpg
遊歩道は整備しています。
右側には四万十層群の泥岩の露頭が見えています。

49-IMGP1374.jpg
遊歩道沿いの岩盤の露頭です。
このあたりは砂岩が優勢のようです。

44-IMGP1365.jpg
この付近からは手摺りもないのですが、緩斜面なのでそんなに怖くはありません。

45-IMGP1367.jpg
野路菊は至るところに咲いていました。

46-IMGP1368.jpg
断崖絶壁の海食崖です。
表面はまだまだ崩壊の危険がある状態でした。

47-IMGP1369.jpg
鷹がよく飛んでいたのですが、シャッターチャンスはなかなかないものです。
なんとか撮れていた一枚です。

48-IMGP1370.jpg
手摺りを飛び越えて、覗き込んで絶壁を撮りました。

50-IMGP1375.jpg
高茂岬の灯台です。
少し低い感じがしますが、これで大丈夫なのでしょうか?
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR