福島の汚染水と水圧について

福島の汚染水の問題は深刻になっています。

汚染水についてさわがれている問題は、
①汚染水タンクからの水漏れ
②地下貯水タンクからの水漏れ
③地下水の流入

の3点だと思います。
①は汚染水を貯蔵する地上タンクから汚染水が漏れ出ている問題です。
このタンクは、原発内で発生する様々な汚染水を貯蔵する目的で作られたものです。
このうち複数のタンクから高レベルの放射能を持つ汚染水が約300トン外部に漏れていることが明らかになり、その一部は海に流出したと見られています。
②は原子炉内を冷却した水を保管する地下貯水槽から水漏れが発見された問題です。
中に入っていた汚染水はやむを得ず、①の汚染水タンクに移送されていますが、これによって汚染水タンクが足りなくなるという問題も発生しています。
そして③です。
福島原発の地下には無数の地下水が川のように流れているのですが、これらの地下水が事故を起こした原子炉建屋にも流れ込んでいます。
この状態を放置すると建屋が汚染された地下水で溢れかえってしまうので、毎日400トンの水をくみ上げて対処しています。
しかし、この汚染水の行き先もやはり地上に設置した汚染水タンクになっており、ますます地上のタンクが足りなくなっているのです。

地下水を含めた水圧は、私たちの常識よりも強く、そして繊細で、留まることが嫌いなものだと思います。
狭い中に閉じ込められると、小さい隙間をねらって出ようとします。
①や②では、水漏れを起こしやすい脆弱なタンクを設置したり、施工に問題のある貯水槽を作ったのでは、当然トラブルが発生します。
ステンレス製溶接タンクの設置といった対策が当初より必要だったと思います。
そして③ですが、自民党は汚染水対策工法として「凍土遮水壁工法」を提案しています。
「凍土遮水壁工法」で原子炉の周りを取り囲む方法です。
でもこの方法は、「連続地中壁工法」という名前で、2年前に民主党政権でも検討しています。
その当時には、菅内閣の首相補佐官で、原発事故担当だった馬渕議員が、今回と同じように原子炉全体を囲む対策プランを考えており、公表一歩手前だったそうです。
どのような形でも、工事が完成していれば、今のような駄々漏れではなかったと思います。

地下水の専門家も、復旧の検討をしていたとは思いますが、どうも水圧を軽く考えていたとしか思えません。
この水圧ですが、水深10mのところの水圧は、水の圧力1気圧+水面を押す大気圧1気圧=2気圧かかっています。
アクアラングを背負って水深20mまで潜った場合は、海面を押す大気圧と合わせて3気圧になります。
この場合、ボンベの中の空気の圧力が3気圧になったところで、中の空気を吸うことができなくなります。
10mのところまで浮上すれば、水圧は2気圧、ボンベが3気圧ならまだ吸えます。
このように、ボンベから空気を吸うということは、ボンベ内の圧力が外圧より高くないとできなくなります。
ですから、深く潜水すればするほど、ボンベの実効容量が減ってしまうことになります。
この1気圧=1013hPa=約1kg重/c㎡ となります。
普段、私たちが普段生活しているのは1気圧の世界で、これは、小指の爪1c㎡(1㎝×1㎝)に1㎏の重りが置かれているくらいの大きな力です。
こう考えると気圧はけっこう大きな圧力でわたしたちを押しています。
わたしたちも内側から同じ大きさの圧力で押し返しているので、つぶれたりしませんが、急に高度が変わったりなどして、体が対応するのが遅れると耳の鼓膜の圧力が外と内でつり合わず、ヘンな感じになってしまいます。
この水圧ですが、車に浸水するのを待って水没したドアを手で押し開けるには1.5トンの物体を押すくらいな力が必要になってしまいます。
これを貯水タンクに当てはめても、溜めることによりものすごい水圧がかかりますし、地下水もいくら遮断しようとしても、どこかに流れようとすごい力で襲ってきます。

今の福島の現状を打開するには、とりあえず「凍土遮水壁工法」でもいいから、日本中の掘削機のすべてを福島に持ってくるくらいの危機感をもって、迅速に施工すべきだと思います。


スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR