四万十市江川崎の観測所

8月12日に、高知県四万十市西土佐江川崎で、国内観測史上で最高となる気温41・0℃を記録しました。
4日連続で40℃超も記録しました。
昨日は38.6℃だったので記録は止まりましたが、猛暑日は8月6日からずっと続いています。

それにしても、今までは、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市、最近では群馬県館林市が暑い都市の代表だったのですが、高知県四万十市とは意外なような気もします。
気象観測所がある江川崎地区は、周りを山に囲まれていて盆地形状になっています。
川崎小学校と西土佐中学校の近くに観測所があり、斜面で暖められた空気が盆地にたまって最高気温を観測したのではないかとみられています。
但し、うがった見方をする人たちの中には、
①観測所は芝生が剥げていて「30m²以上の芝生を設置」というアメダス設置条件を満たしていない。
②すぐ隣が駐車場で、アスファルトの高温化の影響を受けている。
つまり、観測所の設置条件には、周囲に芝生を30m²以上敷くなどと定められているため、「観測所としてアウト」「記録は取り消されるのが妥当」などといった書き込みがあったそうです。
機器の周囲に黒く見えているのは「防草シート」だそうで、雑草の生育を防ぎ、太陽光の反射も防ぐというので、芝生がわりに敷き詰められていました。
全国のアメダス観測所で広く使われており、観測に影響はなく、観測所の機器にも問題がないとのことです。
下に写真を並べましたが、特に群馬県館林市の観測所には違和感を覚えます。
芝生の代わりに金網内全面に厚手のゴムorビニールシートを敷いています。
地上からの高さも低く、これでは照り返しや輻射熱の影響はあると思います。
風通しも他の所に比べると全然違います。

OSK201308100105
ここが高知県四万十市の観測所です。
熊谷市よりは雑ですが、岐阜県多治見市や群馬県館林市の観測所よりは風通しもよくなっています。

IMGc8iYGZ
ここが埼玉県熊谷市の観測所です。
ここも基準通りに芝生を植えて地上から1.5m上で観測しています。



IMGN36QE4
ここが群馬県館林市の観測所です。
すごく驚きました。
芝は植えてないし、地上から1.5mの基準もクリアしていません。
こんなところが観測所になっていたら暑いのは当たり前のような気がします。



IMGcly0sx
ここは、岐阜県多治見市の観測所ですが、ここも館林市の観測所と大差はないように思います。
高さの1.5mの基準だけはクリアしているように見えますが、芝は生えてないと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR