記録的な豪雨とその対処について

四国ではあいかわらず猛暑が続いています。
松山では、7月3日から続いていた真夏日は、46mmの雨が降った7月28日に途切れただけで、それからもずっと真夏日です。
ここ3日間ほどは35℃以上の猛暑日になっています。

四国では、こんな状況でどこも雨がほとんど降っていませんが、日本各地では、気象庁が「数十年に1度」と発表するほど記録的な豪雨が続いています。
7月28日未明から山口県と島根県を襲った集中豪雨では、山口県萩市や島根県津和野町などで、1時間に100mm超と、それぞれ観測史上最多の雨量を記録しました。
それからも各地で集中豪雨が続いていましたが、昨日は、東北北部と北海道南部で、局地的に1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降りました。
特に秋田県では、これまでに経験したことのないような大雨になりました。
気象庁のレーダーによる解析では、
・午前8時半までの1時間には、秋田県の大館市北部付近でおよそ110ミリ
・午前8時半までの1時間には、秋田県の大館市藤里町付近でおよそ110ミリ
・午前7時半までの1時間には、秋田県大館市北部付近で120ミリ以上
・午前7時半までの1時間には、青森県鰺ヶ沢町付近でおよそ110ミリ
・午前9時までの1時間には、秋田県の仙北市田沢湖鎧畑で84.5ミリ
・午前9時までの1時間には、秋田県の仙北市西木では66.5ミリ
の猛烈な雨が降ったとみられています。
午前11時40分現在で、秋田県鹿角市では午前4時ごろからの雨量が291・5ミリを観測し、8月の平均雨量156ミリの約2倍に達したそうです。

集中豪雨時の対処方法として、私たちは間違っている行動をとりがちです。
特に、危険が迫っている時には、車で逃げるのが手っ取り早いと思われがちですが、1時間あたり20mm以上の降雨量の場合、車のワイパーの効果がなくなる上、冠水した道路を走るとブレーキがきかなくなる恐れがあるそうです。
低地の立体交差道路などに入って、そこが冠水して身動きが取れなくなるケースも多く、集中豪雨の時には車で避難するのは非常に危険だそうです。
冠水道路は歩いて移動する際も、死に至る危険がたくさんあるそうです。
溢れた雨水でマンホールが浮き上がり、そこに落下する事例や、また、側溝も同じように、足を踏み外して落ちる危険があります。
歩いて避難する時は傘や長めの棒を持って地面を探りながら進むのが良いそうで、その際、長靴は避けなければいけないそうです。
長靴は、水や泥が入ると動きづらくなるので、紐をきつく縛ることができる運動靴で逃げるのがいいそうです。
床上浸水するケースでは、水深が40~50cmに達すると強力な水圧がかかり、ドアが開けられなくなるそうです。
浸水しそうなほどの激しい雨の場合は、家に留まらず、すぐにでも屋外に避難するのがいいそうです。
その場合は、遠くの避難所に行くよりも、浸水していない近隣の家の2階以上に避難すれば安全だそうです。
一方で自宅近くに大きな河川があり、氾濫や洪水で家が流される恐れがある場合は、高台や鉄筋コンクリート造りの3階以上を目指すのが良いとのことです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR