昨日の日本列島の気温

ここ2~3日、暑い日が続いています。
昨日(6月13日)の日本列島は、台風3号などの影響により、列島上空に真夏並みの暖かい空気が流入したことで、近畿や中四国を中心に、晴れて気温が上がりました。
最高気温は大阪府豊中市の大阪空港で、平年より10.2℃高い37.9℃でした。
実に、33地点で35℃以上の猛暑日となったそうで、豊中市など55地点は、6月の観測史上最も高い気温だったそうです。

松山では30.5℃でした。
暑いと思っていても、日本列島には、まだまだ暑い所があったみたいです。
沖縄の那覇では31.5℃でした。
大阪が一番高いのも不思議ですが、亜熱帯の沖縄よりも日本列島の33地点の方が5℃近く高いのは不思議です。
そんな中、関東は雨だったそうです。
東京でも気温が上がらず、22.5℃で、じめじめした5月中旬並の気温でした。
狭い日本列島でも、こうした現象はおこっていますが、特に今年は不思議な気がします。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR