三浦雄一郎さんの努力と実績

三浦雄一郎さんの80歳でのエベレスト登頂はすばらしいの一言です。

冒険家として世界に知られている三浦雄一郎さんが、80歳の最高齢にして世界最高峰のエベレストに挑み、現地時間5月23日9:00(日本時間12:15)、見事3度目の登頂に成功し、5月29日に無事帰国を果たしました。

もともと大変な冒険家です。
1962年、アメリカ合衆国でスタートしたばかりの世界プロスキー選手権に参加し、世界ランク8位になっています。
1964年7月イタリアで開催されたキロメーターランセに日本人で初めて参加し、時速172.084キロの当時世界新記録を樹立します。
1966年4月、富士山での直滑降を成功させています。
1970年5月にはエベレストのサウスコル8000m地点からの滑降(ギネスブックに掲載)を成功させ、映画化されます。
54歳で南アメリカ大陸最高峰アコンカグアからの滑降を成功させたことにより、世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させます。
2003年5月22日、世界最高峰のエベレストに世界最高齢(ギネスブックに掲載)となる70歳7か月での登頂を果たします、それから5年きざみで今年が3度目でした。
これは、努力なくして成し遂げることは不可能だと思います。
日本での最高表彰が国民栄誉賞なら、当然あげるべきだと私は思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR