伝説のプロ野球選手、景浦 將さん

愛媛県松山市出身の伝説のプロ野球選手の景浦 將さんを紹介します。

今は 日本ハムの注目のルーキー大谷翔平選手が二刀流として騒がれていますが、二刀流は大谷選手だけではありません。
景浦 將さんは、その当時でも珍しい二刀流として活躍し、実績も残しています。

景浦 將(かげうら まさる)さんを知らない人もいると思いますので簡単に紹介します。
生まれは1915年7月20日で、亡くなったのは1945年5月20日です。
実に29年の生涯でした。
愛媛県松山市下伊台町出身のプロ野球選手で、登録は、投手だけでなく内野手と外野手でもあります。
日本のプロ野球史上に残る伝説の選手の一人でもあります。
本名が「將」だったことから「鬪將(闘将)」の異名をとり、水島新司さんの漫画「あぶさん」の景浦安武のモデルとなった一人としても知られています。

(1)野球人 景浦 將
プロ入り前には、実家は材木商を営み、少年時代は小柄で痩せていたため、初めは野球ではなく剣道に打ち込んでいたそうです。
そして、甲子園の強豪校である松山商業学校に入学しました。
ここでも2年生まで剣道部に所属していたのですが、後の景浦の長打力の源はこの剣道稽古で鍛え上げた強靭な手首と足腰にあるといわれています。
3年生の頃に、野球部でメンバーが不足するという事態に陥り、当時の監督であった後藤二郎さんから誘われて野球部に入部しています。
その打球の鋭さや投げる球の速さによってすぐに頭角を現し、三森秀夫さん(のち法政大-巨人)、高須清さん(のち早稲田大-大日本麦酒-イーグルス-パシフィック)らと共に甲子園に出場しています。
1931年の春の甲子園では5-2平安中には5-2で勝ったのですが、広島商に0-3で敗れてベスト8になっています。
そして、夏の甲子園では、第一神港商に3-0で勝ち、桐生中に3-0で勝ったのですが、中京商に1-3で敗れてベスト4でした。
翌年の1932年の春の甲子園では、岐阜商に8-0、八尾中に8-0、中京商に3-2、そして楠本保率いる明石中学を接戦の末に1-0で勝利して優勝しています。
夏の甲子園では、静岡中に2-1、早稲田実に8-0、明石中に3-0だったのですが、決勝で中京商業との一戦では、2回裏から三森のリリーフとして登板し、2失点で抑えて0-3で9回を迎え、9回表に自身の大三塁打を皮切りに3対3の同点に追いつくも、9回裏、中京商業の打者からピッチャー返しの打球が左足に当たって降板し、三塁の守備に就いたのですが、中京商業の打線が足を痛めた景浦に執拗なバント攻め等を展開したために延長11回、松山商業は中京商業に3-4のサヨナラ負けを喫して準優勝に終わっています。
その後、立教大学に入学し、1年生ながらリーグ戦で打者としても長打力を発揮し、投手としても4勝1敗の好成績を残し、立教大学の優勝に貢献しています。
立教大学は、1936年に大学を中退して、その当時に創設された大阪タイガースへ入団しています。
プロ野球開始1年目の1936年から活躍し、投手として6勝0敗、防御率0.79の成績を残して現在も歴代1位となっている勝率10割で最高勝率のタイトルを獲得しています。
最優秀防御率にも輝き、こちらは歴代2位の記録です。
打っても打率.275、38打点を稼いでいます。
1937年春には打率.289、2本塁打、47打点(56試合制)で打点王に輝いています。
投げては11勝5敗、防御率0.93という驚異的な成績を残しています。
1937年秋には打率.333、3本塁打、31打点(49試合制)で首位打者になっています。
投げても4勝1敗、防御率1.41でした。
景浦さんの活躍により、阪神は初優勝し、巨人との優勝決定戦も制しています。
1938年からは主に打者としての活躍になりますが、この年の春に31打点(35試合制)で打点王、5本塁打でハリスに次いで2位となり、チームの優勝の原動力となりました。
この時には、大阪は2年連続で巨人との優勝決定戦も制しています。
1939年には9本塁打で、10本塁打した鶴岡一人さん(後の南海の監督)に次いで2位となりました。
1940年からは第二次世界大戦への出征のため、プロ野球を離れています。
1943年に復帰して本塁打王にあと1本と迫る3本塁打を放ったものの、1944年に再び召集され、1945年5月20日にフィリピンで銃弾を受けて戦死しています。
わずか29歳の若さでした。
1965年に、野球殿堂入りしています。
 
景浦 將さんは、重いバットを豪快に振り回すバッティングでどんな鋭い変化球にもフルスイングでとらえています。
また、投手としても剛速球で強打者たちを抑え込み、外野守備も強肩で鳴らしました。
「猛将」「闘将」という愛称を持ち、沢村栄治さんとは永遠のライバルと言われています。

通算成績は、実働5年ですが、打者として打率.271、25本塁打、222打点、307安打、投手として27勝9敗、防御率1.57です。
この間に、首位打者1回(1937秋)打点王2回(1937春・1938春)最高勝率1回(1936)最優秀防御率1回(1936)を残しています。

(2)景浦 將さんの実績とエピソード
景浦 將さんの実績とエピソードは次の通りです。
①沢村栄治さんから海に打ち込んだ場外本塁打
1936年は、プロ野球最初のシーズンであると同時に、初めて日本一のチームを決めるシーズンでした。
6大会が終わったときに、首位に与えられる勝ち点が2大会単独首位と1大会同率首位という対等の成績で並んでいた巨人とタイガースが洲崎球場で優勝決定戦(日本選手権)を行うことになりました。
試合は3戦で2試合先取した方が日本一となります。
初戦は沢村さんと景浦さんが投げ合いました。
序盤は沢村さんの好投で巨人が4-0とリードを奪うのですがタイガースも反撃をします。
4回無死1・2塁でバッターボックスに立った景浦さんは、沢村さんの3段に落ちる変化球(縦に割れるカーブ)をものの見事にとらえ、打球は洲崎球場のレフト外野席を軽々と越えて場外の東京湾に消えたそうです。
この場外本塁打が世間に与えた衝撃は大きく、景浦さんは「目が縦に付いている」と恐れられたそうです。
ここから沢村さんと景浦さんは永遠のライバル関係となっていくことになります。
景浦さんの本塁打で1点差に迫ったものの、沢村さんはこの本塁打の3点のみに抑え、5-3で巨人が勝っています。
この年、阪神は1勝2敗で巨人に敗れ、日本一を逃しています。
景浦さんは、投手としては2敗したものの、打者としては12打数6安打と、実に5割の活躍を見せています。
②シーズン防御率歴代2位
プロ野球が始まった1936年は、景浦さんは、6勝0敗、防御率0.79という完璧な成績を残しています。
57回を投げて自責点はわずかに5です。
この防御率は、1943年に藤本英雄さんが記録した0.73にわすかに及ばないながらも堂々歴代2位の記録です。
さらに景浦さんは、翌年の1937年春も好調を維持し、11勝5敗、防御率0.93を記録しました。
しかし、沢村栄治さんはその上を行く0.81という防御率を残していたため、景浦は2位に甘んじることとなったそうです。
しかし、防御率0.93は、歴代8位の記録であり、シーズン防御率の歴代10位の中で2回ランクされているのは景浦さんと野口二郎さん(4位・7位)だけです。
私が知っている防御率0点台の投手は、1970年の村山実さんの0.98です。
この時は、ダントツの一位で、2位が2点台だったと記憶しています。
昔は試合数が少なかったのでこのような0点台の防御率を残せたのかも知れませんが、いずれにしても偉大な記録です。
③タイガースを初優勝に導く
1937年に、タイガースは、前年の雪辱のために打倒巨人に燃えましたが、春は巨人が41勝13敗2分、タイガースが41勝14敗1分でわずかに及ばず、優勝を逃しています。
しかし、秋は、景浦さん・藤村富美男さん・松木謙治郎さん・藤井勇さんらのタイガース打線が猛威を振るい、39勝9敗で、巨人の30勝18敗を大きく引き離して初優勝を決めています。
景浦さんは、投打に渡って活躍し、打率.333で首位打者に輝くとともに投手で4勝を挙げています。
そして、春・秋の優勝チームが日本一を争う優勝決定戦では巨人を4勝2敗と圧倒し、初の日本一に輝いています。
④反抗
景浦さんは、松山商の先輩であり、タイガース初代監督の森茂雄さんに誘われ1936年に入団しました。
しかし、森さんは、ペナントレースがはじまってすぐに解任されてしまいます。
後任監督となった石本秀一さんとは折り合いが合わず、しばしば対立しています。
これには、松山商業の先輩であった森さんを追い出すような形で石本さんが監督になったことも確執の要因と見られています。
石本さんと衝突したとき、景浦さんは、試合で反抗を見せました。
外野守備に就いているとき、打球が飛んできたにもかかわらず、突っ立っているだけで他の外野手に球を追わせたり、クソボールを故意に空振し、三振に倒れて堂々とベンチに戻ってきたりしたと言われています。
それでも先発から外されなかったのは、結果を残していたからだそうです。
それは、「ここぞ!」という場面で、指を1本立てベンチに臨時ボーナスを要求し、石本さんがうなずくと、必ず快音を残すという嘘のような逸話まであります。
そのため、1965年に野球殿堂入りが決まるときも、一部で「野球に取り組む姿勢に不真面目なときがあった」などという理由で反対意見が出ていたと言われています。
⑤打者と投手でタイトル獲得
景浦さんは、言わずと知れた強打者です。
1937年春に47打点で打点王を獲得すると、1937年秋には打率.333で首位打者、1938年春にも31打点で2度目の打点王に輝くなど、阪神の主砲として活躍しました。
本塁打も2度に渡ってシーズン2位になっています。
景浦さんは、こうした大打者でありながら好投手でもありました。
1936年に防御率0.79というとんでもない防御率で最優秀防御率のタイトルを獲得しています。
また同時に6勝0敗で勝率10割という最高勝率も記録しました。
これは、1937年秋の御園生崇男さん、1981年の間柴茂有さんと並んで永久に不滅な歴代1位です。
プロ野球創設期には投手として投げない日は4番打者として打つ、という二刀流を成功させています。
1937年には投手で4番として出場している試合もあります。
⑥惜しまれる戦死
プロ野球が創設されてまもなく、日本は戦時下へ突入しています。
景浦さんは、1940年から1942年まで徴兵されています。
これは、景浦さんが25歳から27歳までの間です。
1943年にプロ野球へ復帰して1年間活躍したものの、1944年に再び召集がかかり、景浦さんは、1945年5月20日、フィリピンで米軍の銃撃を受け、壮絶な死を遂げたと伝えられていますが、別の説では、マラリアの高熱をおして食料調達に出掛けたまま二度と戻ってこなかったというのもあります。
戦死しなければ、藤村さんや別当さんらとともに戦後の阪神で活躍したことが確実なだけに惜しまれる死です。
私の父は、「巨人の青田と同じレベル」だとずっと言っていましたが、実績は短いのですが、私には、限りなく川上哲治さんレベルだと感じます。
そして、二刀流の実績を残した先駆者として称えていいと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR