別子銅山のキースラーガー

愛媛県の別子銅山にキースラーガーがあります。

キースラーガーは鉱物名ではありません。
キースラーガーとは、ドイツ語で「kieslagerstatten」は、kies(硫化鉄鉱)、lagerstatten(鉱床)つまり、硫化鉄鉱鉱床を意味します。
そして、北欧の硫化鉄鉱鉱床と日本の層状含銅硫化鉄鉱鉱床が似ているので、日本の層状含銅硫化鉄鉱鉱がキースラーガーと呼ばれるようになったとされています。
愛媛県の別子銅山がキースラーガーの代表的鉱床であり、キースラーガーの鉱床は「別子型鉱床」とも呼ばれています。
キースラーガー(層状含銅硫化鉄鉱鉱床)は、主に黄鉄鉱・磁硫鉄鉱・黄銅鉱などの集合体からなる層状の鉱床です。
かつては層状含銅黄鉄鉱床と呼ばれたそうですが、磁硫鉄鉱も伴うことからこの名称になったそうです。
キースラーガーは、海底火山などの活動にもたらされた熱水鉱床の一種と考えられ、生成物が、広域変成作用を受けて形成されたものと考えられています。
「別子型鉱床」は層準規制塊状型と呼ばれ、地層内の特定の時代を示す面や層に限られて存在する緻密塊状の鉱石で構成される鉱床タイプです。
鉱脈のように大きな結晶はなく、下から上まで地層を貫いているということもないそうです。
日本で採掘されていた銅の35%はキースラーガーであり、銅の主要鉱石で、純度の高い黄銅鉱、黄鉄鉱が産出されていました。
構成鉱物としては、黄鉄鉱が緻密に集合している塊の中に、黄銅鉱・方鉛鉱・閃亜鉛鉱などの硫化金属鉱物、金銀など貴金属、そして、レアメタルが少量混ざっています。
黄鉱(金色の黒鉱)に似ていますが、成因が異なります。
超塩基性ないし塩基性岩に関連した堆積岩や、それらが変成した結晶片岩中にあり、別子銅山の場合は三波川帯の結晶片岩で見られます。
結晶片岩内の場合は母岩相当の変成を受けていて再結晶し、黄鉄鉱の細かな結晶のツブツブが見えます。

 
キースラーガーは、三波川帯の別子・佐々連鉱床などで見られます。


 愛媛県で採集された層状含銅硫化鉄鉱(キースラーガー)です。
川の転石のようで、丸い外観で、ずっしり重く金色に輝いています。
別子鉱床のキースラーガーです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR