最強クラスの寒波

日本海側では、北日本上空を、今世紀に入り一番の「最強クラスの寒波」が通過中だそうです。
四国に住んでいても、山間部では積雪が多くて現場に行けなかったこともありましたが、現在では落ち着いています。
但し、北日本や北陸では半端な雪ではないようです。
現在最も雪が積もっているのは青森の酸ヶ湯で、その積雪は2月24日午後5時で523cmに達し、国内で現在観測されている地点での過去最高記録を塗り替えました。
ここでは、2月21日に、この地点としては観測史上最大の積雪515cm(午後1時現在)を記録し、これまでの記録だった、2005年3月4日に観測された501cmを8年ぶりに塗り替えたばかりです。
猛吹雪の影響で、視界も1m程度になり、車の衝突事故も各地で起きています。
一晩で70cm近く積もったところもあるみたいで、四国ではとうてい考えられない積雪量です。
注意をするといったって、どうしようもないこともあるでしょうが、どこかへ出かけるのもすごく不便なことは想像できます。
東北では、まだまだ仮設住宅での暮らしを余儀なくされている人たちも多いと思います。
一刻も早く春の訪れが早く来ることを祈っています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR