FC2ブログ

掘り抜き井戸について

井戸にもいろいろな種類があります。
今回はボーリング機械を使った井戸ではなく、昔ながらの井戸を紹介します。

(1)堀井戸の施工方法
昔は、周りを石積や井戸側で囲んだ掘り抜き井戸(掘井戸)がよく見られました。
私のイメージでは、オーソドックスな井戸といえばこのタイプです。
愛媛県では3尺(内径約1m)の井戸をよく見かけますが、他県では2尺(内径約60cm)の井戸も多いみたいです。
深さは4~6m程度です。
水が出てくれば当然掘りにくくなり、水替えもしないといけないので水位線より約2mくらいが人力で掘る限界だったのかも知れません。
水が出ないとこでは、土質によっては15m程度までは掘削は可能ですが、この深度になると酸欠も考えなければなりません。
この施工方法は、ボーリング井戸と違い自分の眼で地下水を確認できます。
そして、水の出る量が少ない場合は、掘削深さを調整することにより、希望の水量を確保できるます。
施工方法としては各種ありますが、いずれもやぐらを建て、ウインチを使って掘る方法で、主に下の2工法が使われています。
①潜函工法
人力で掘りながら順次コンクリ-ト製の井戸側を入れてさらに掘り進む工法です。
井戸筒内の限られたスペ-スなので一人しか掘削できないために効率が悪く、愛媛県ではほとんどやっていません。
地すべり対策での集水井のように、手掘りや重機を使ってほり進めながら、順次側壁をライナープレートなどで保護する方法もあります。
これだと広いスペースが必要で、工事費もかかります。
②矢板工法
木製や鋼製の土止め板(矢板)を使って、予定の取水量・貯水量が確保できる深さまで一挙に掘り下げ、その後で井戸側やコンクリート壁を施工します。
手掘りで掘る必要はなく、ユンボなどの大型重機を使って掘り進めます。
愛媛県ではあまり見かけませんが、高知県では一般的です。
広いスペースがあれば、確実な工法だと思います。

(2)堀井戸の仕上げ方法
掘り抜き井戸はその仕上げ方法により、さらに2つに分けられます。
①解放式井戸
解放式井戸は帯水層まで掘り下げた後に、周囲をコンクリ-トや陶器などの不浸透性のもので囲い、底には砂利を敷き詰めてポンプでくみ上げる構造のものです。
上部にふたを設ける場合でも井戸そのものは解放されています。
ふつう掘井戸といえば、ほとんどがこのタイプです。
②閉鎖式井戸
閉鎖式井戸も解放式井戸と同様に帯水層まで掘り下げた後に、底にコンクリ-トや陶器などの不浸透性の管を入れ、周囲と底に砂利割石などを敷き詰め、上部はふたをしてその上にコンクリ-ト製の外管などの不浸透管を埋め込み、3mほど土で埋め戻しながら導水管はその中に納めて地表まで立ち上がらせるものです。
この方法だと、井戸内の水位が見えないなど、メンテナンスができないため使われていません。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR