季節風とは

「季節風」という言葉をよく耳にします。

(1)季節風とは
この「季節風」とは、冬と夏で風向きが反対になって持続的に吹く風のことです。
冬は、大陸が海洋に比べて低温となり、大陸に寒冷高気圧が形成されるため、日本ではユーラシア大陸から冷たい北または北西の風が日本海を渡って吹いてきます。
この時に暖かい海の流れの影響を受け、空気が水分をたくさん含みます。
この風が山地に当って日本海側に多くの雪を降らせます。
それに対して、太平洋側では晴れた日が続くことになります。
これとは逆に夏は、大陸が強い日射によって暖められ高温となり、上昇気流が発生し低気圧になるため、太平洋上の高温で湿った空気が南または南東の風となって日本に吹いてきます。
そのため、太平洋側では雨がたくさん降り、むし暑い日が続きます。
私たちは「季節風」とは呼ばずに、冬は「北風」夏は「南風」と呼んでいます。

(2)季節風の由来
「季節風」とは、英語ではモンスーンと言いますが、これはアラビア語で季節を意味するmausimに由来しています。
このモンスーンの定義としては次の3つに分けられています。
①アラビア海で約6ヵ月交替で吹く南西風と北東風のこと
②南アジア、東南アジアの人々にとっては、米作などに必要な高日季の雨、あるいは雨季のこと
③その季節内で、その季節を代表するに足るほどの高い出現頻度をもち、大気大循環の風系にふさわしいほどの地理的空間を占め、冬から夏、夏から冬にかけて風向が反対もしくはほぼ反対になるような1組の卓越風系のこと
このような意味の違いがありますが、日本では主に①だけみたいです。

(3)海風・陸風・谷風・山風
「季節風」とよく似た現象で「海風・陸風」「谷風・山風」があります。
まず、「海風・陸風」ですが、海岸では、昼間と夜間とでは風向が反対となる風が吹くことがあります。
昼間は、海も陸も太陽の日射で熱せられているのですが、陸地のほうが海水よりも暖まりやすいので、陸のほうが海よりも温度が上昇します。
それにより陸地で空気が上昇し、陸地で上昇した空気は海上で下降し、地表では海から陸に向かって風が吹きます。これが海から陸に吹く「海風」です。
これに対し夜間は、陸のほうが海より冷えるため海上で空気が上昇し、海上で上昇した空気が陸地で下降し、地表では陸から海に向かう風が吹きます。
これが陸から海に吹く「陸風」です。
また、「海風」と「陸風」が交代する朝夕は一時無風となり、「朝なぎ」、「夕なぎ」と呼ばれています。
海のそばでは、「海風」と「陸風」が吹きますが、これが山のそばだと「谷風」と「山風」になります。
「谷風」は、昼に谷から山の斜面に沿ってのぼるように吹く風のことで、太陽が照っている時、山の斜面がよく熱せられるので上昇気流がおこり、これにともなって谷間から山の頂上に向かって風が吹き上げます。
これに対し「山風」は、夜に山の斜面に沿うようにして谷間に向かって降りてくる風です。
夜になると、山の斜面や谷間が熱を放射して冷えるので、下降気流が起こり、それにともなって、山の頂上から谷間に向かって風が吹きおろしてきます。
このような「海風・陸風」「谷風・山風」は、先ほど説明した「季節風」と同じ原因です。

(4)風の正体
このような風のもとになっているのは太陽で、風の正体は、土と水の温まり方に違いによって起こる空気の動きです。
そして同じ場所でも、昼と夜によって、また季節によって風向きが変化します。
冬は、太陽高度が低いので海も山もあまりあたためられませんが、海の方が冷えにくいので、海上の空気が上昇します。
その後を埋めるように、アジア大陸から太平洋へ向かって風が吹きます。
そして、冬の「季節風」は、夏の「季節風」より強い風が吹きます。

(5)山火事の原因
風のいたずらとして山火事があります。
山火事の発生には季節的な特徴があると言われており、山火事の約6割が冬から春先(12月~4月)にかけて集中して発生しているそうです。
これは、冬は森林内に落ち葉が積もって燃えやすい状態になっていることや「季節風」が強く、特に太平洋側は乾燥した状態になるといった自然条件が重なること、また、春先は、行楽や山菜採りのために山に入る人が増加するほか、農作業に由来する枯草焼きなどが山林に飛び火することも原因となっています。

(6)偏西風とやませ
「季節風」と「偏西風」が一緒だと思っている人もいますが、「偏西風」は、主に中緯度で、西ヨーロッパ側に向かって常に吹き付ける風です。
日本上空においては、高層天気図の 200hPa 図がおおよその目安となっています。
この風が北大西洋海流という暖流の空気を運ぶため、緯度の高い割りに西ヨーロッパの気候は温帯となっています。
「やませ」という風もあります。
これは、初夏から夏の時期に、オホーツク海気団より吹く北東風または東風のことで、特に梅雨明け後に吹くものを指しています。
東風の一般名である「コチ」「コチ風」を流用してそう呼ぶ場合もあります。
「やませ」は、北海道・東北地方・関東地方の太平洋側に吹き付けます。
この「やませ」が長く吹くと冷害の原因となりますが、愛媛県ではあまり見かけない風です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR