FC2ブログ

観測所の違い

日本各地で猛暑が続いています。

7月17日の観測では群馬県の館林市と伊勢崎市で、気温が39度を超えました。
気象庁の発表だと、午後2時半前には、群馬県の館林市で39度2分、群馬県伊勢崎市で39度1分まで気温が上がり、各地で猛烈な暑さとなりました。
そしてこの日は、暑いところで有名な埼玉県熊谷市では37度6分で5位でした。
この三ヶ所の観測所はどんなところにあるのか調べてみました。
調べた結果では、群馬県館林市の観測所は他の二カ所に比べ違和感を覚えます。
芝生の代わりに金網内全面に厚手のゴムorビニールシートを敷いています。
地上からの高さも低く、これでは照り返しや輻射熱の影響はあると思います。
風通しも他の二カ所に比べると全然違います。
群馬県館林市が暑いのは事実なのでしょうが、観測所の条件はやはり一緒にすべきだと思います。


ここが群馬県館林市の観測所です。
すごく驚きました。
芝は植えてないし、地上から1.5mの基準もクリアしていません。
こんなところが観測所になっていたら暑いのは当たり前のような気がします。

 
ここが群馬県伊勢崎市の観測所です。
ここは基準通りに芝生を植えて地上から1.5m上で観測しています。


ここが埼玉県熊谷市の観測所です。
ここも基準通りに芝生を植えて地上から1.5m上で観測しています。


スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR