FC2ブログ

岩盤分類

ダム、トンネルなどの調査・設計においての岩盤分類です。

(1)電研式岩盤分類 
 
電力中央研究所の故田中治雄氏が考案した方法で、
A …極めて新鮮、節理は密着、澄んだハンマー打撃音
B …堅硬、節理密着、造岩鉱物多少風化、澄んだ打撃音
H…比較的堅硬、褐鉄鉱で汚染、節理間粘着力多少減少し強打すると剥離、剥離面に粘土薄層、少し濁った打撃音
M…多少軟質化、普通の打撃で節理剥脱、剥離面に粘土、多少濁った打撃音
L…著しく軟質化、節理間粘着力減少し軽打で節理剥脱、剥離面に粘土、濁った打撃音
D …著しく軟質化、節理間粘着力なし、僅かな打撃で崩れる、剥脱面には粘土、著しく濁った打撃音

これをまとめたものが電研式岩盤等級区分です。

     ① 電研式岩盤等級区分(田中の分類 1966年)

等級特              徴
きわめて新鮮なもので、造岩鉱物および粒子は風化、変質を受けていない。亀裂・節理はほとんどなく、あってもよく密着し、それらの面に従って風化の跡は見られないもの。岩質はきわめて堅硬でハンマーによって打診すれば、澄んだ音を出す。
岩質堅硬で開口した(たとえ1㎜でも)亀裂あるいは節理はなく、よく密着している。ただし造岩鉱物および粒子は部分的に多少風化・変質が見られる。
ハンマーによって打診すれば、澄んだ音を出す。
CH造岩鉱物および粒子は石英を除けば風化作用を受けてはいるが、岩質は比較的堅硬である。一般的に褐鉄鉱などに汚染され、節理あるいは亀裂間の粘着力はわずかに減少しており、ハンマの強打によって割れ目に沿って岩塊がはく脱し、剥奪面には粘土質の薄層が残留することがある。
ハンマーによって打診すれば多少濁った音を出す。
CM造岩鉱物および粒子は石英を除けば風化作用を受けて多少軟質化しており、岩質も多少軟らかくなっている。節理あるいは亀裂間の粘着力は多少減少しており、ハンマーの普通程度の打撃によって割れ目に沿って岩塊がはく脱し、はく脱面には粘土質物質の薄層が残留することがある。
ハンマーによって打診すれば、多少濁った音を出す。
CL造岩鉱物および粒子は風化作用を受けて軟化しており、岩質も軟らかくなっている。
節理あるいは亀裂間の粘着力は減少しており、ハンマーの軽打によって割れ目に沿って岩塊がはく脱し、はく脱面には粘土質物質が残留する。
ハンマーによって打診すれば、濁った音を出す。
造岩鉱物および粒子は風化作用を受けて軟質化しており、岩質も著しく軟らかい。
節理あるいは亀裂間の粘着力はほとんどなく、ハンマーによってわずかな打撃を与えるだけで崩れ落ちる。
剥脱面には粘土質物質が残留する。
ハンマーによって打診すれば著しく濁った音を出す。

 

次にダムの基準として以下のものがあります。

② ダムの種類と岩盤等級

岩盤等級

コンクリートアーチダムとしての適正コンクリート重力式ダム基礎としての適正(堤高60m以上のものを対象とする)ロックフィルダムコア基礎としての適性
(堤高60m以上のものを対象とする)
きわめて良好であるきわめて良好であるきわめて良好である
きわめて良好であるきわめて良好であるきわめて良好である
CHおおむね良好であるおおむね良好であるおおむね良好である
CM不良ではあるが堅硬岩および中硬質岩のCH級に近いものについては検討の余地がある。ただし、軟質岩についてはダム基礎としては不適当である
 
不良ではあるが硬質岩および中硬質岩については、改良の余地がある。ただしこの場合、軟質岩についてはハイダムの基礎としてはあまり適当ではない
 
耐荷力に関してはおおむね良好である。
 
CLきわめて不良である不良ではあるが、ダム天端付近などの作用力の小さな部分については基礎処理を行って、ダム基礎とする場合もあるこのクラス全体としてはダム基礎として適しているとはいえない。しかし岩盤改良の可能なもの、CM級に近く水密性のものについては築造が不可能ではない
きわめて不良であるきわめて不良である不良である

 

スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR