川崎さんのメジャー昇格

マリナーズに入った川崎宗則さんがアメリカでの開幕メジャー入りを果たしました。
普通なら当たり前に聞こえるこのニュースですが、今年のスポーツのトップニュースでもいいくらいの大変すばらしいニュースだと私は思います。

川崎さんがマリナーズとのマイナー契約を結んだのが今年の1月11日です。
日本では立派な成績を残している川崎さんにとってはマイナー契約は当然格下の契約です。
年俸も日本のときの2億4000万円から2億円近いダウンの60万ドル(約4680万円)でした。
「憧れのイチローと一緒にプレーしたい」というその夢にこだわり、マリナーズへの逆オファーという異例のFA宣言を行い、自ら「マイナー契約でいい」と言いました。
メジャー昇格時には年俸が100万ドル(約7800万円)に上昇するスプリット契約を結んではいますが、それでも大幅な減収だし、出場登録選手25人の枠には到底入れないだろうと私は思っていました。
2月18日からのメジャーキャンプに招待選手として参加していました。
大リーグでプレーするためには、まず前提となるメジャー契約を勝ち取らなければならないのですが、マ軍は二遊間のレギュラーが確定しており、キャンプやオープン戦で厳しく結果を求められることになりました。
マリナーズのズレンシック・ゼネラルマネジャー(GM)は「実績のある選手を獲得できてよかった。キャンプで大リーグ昇格を争ってくれるだろう」と談話を発表しましたが、これは社交辞令だと思いました。

キャンプから目立ち、オープン戦では首位打者になりました。
この間の実績からいって当然のメジャー昇格ですが、それにしても「すばらしい」の一言です。
イチローは、「誰よりも厳しい条件で、誰よりも結果を残した。僕には考えられない」とのコメントです。
あのイチローでさえも最初からメジャーでレギュラーで出たから結果を残せたのです。
そういう意味では川崎さんはメジャーで成功する可能性が大いにあると思いました。
「あっぱれ」です。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR