ねじれの原因

今の民主党は、小沢グループという私利私欲の人たちがいるために何もまとまりません。
でも、自民党だってまとまっているとはいいがたいと思います。
国民新党も、代表である亀井さんはたった7人をまとめきれませんでした。
「政治家って何やってるんだ」と腹立てるのは簡単なのですが、この原因をつくったのは私たち国民なのです。

法案は衆議院と参議院の多数が違う「ねじれ」のためほとんど可決しません。
そして、これに不満を持っている国民は多いと思います。
でも、考えてみてください。
3年前の衆議院の選挙では民主党を信頼して投票した人達の中で、2年前の参議院の選挙では別の党に投票するものだから「ねじれ」になってしまったことを。
「ねじれ」になるとどうなるのかすら把握してなかった人も多かったと思います。
せっかく政権が変わったのだから、一年後に見切りをつけないで民主党に任せていればもっと安定した政権がつくれていたかも知れません。
そして、やはり二院制の弊害はあると思います。
野党になったら、ほぼ与党の言うことすること反対するのが日本の政治家なので、選挙に勝った党が、スムーズに政治が出来るような制度が必要だと思います。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR