FC2ブログ

新鉱物「愛媛閃石」

宝石のような新鉱物が、愛媛県で発見されました。
「愛媛閃石」(学名・エヒメアイト)と命名したその石は、エメラルドのような緑色に輝いています。
この新種の鉱物は、愛媛大などの研究チームが愛媛県で発見しました。
角閃石(かくせんせき)の一種で国内で見つかった新鉱物では最上級の美しさとのことです。
愛媛大の皆川鉄雄准教授らが、愛媛県新居浜市にある東赤石山のクロム鉱床で発見し、今年6月、国際鉱物学連合から新鉱物と認定されました。
光沢のある緑色の柱状結晶が特徴で、結晶は最大で長さ約1・5センチ、幅約5ミリです。
分析を担当した東大物性研究所特任専門職員の浜根大輔博士は「世界中の新鉱物を見ても近年、これほど結晶が大きくて色鮮やかなものはない」と話しています。
さらに大きな結晶が見つかれば、宝石に加工できる可能性もあるという。
但し、愛媛県での角閃石の分布地域は、今回発見された別子~東赤石山地域の五良津岩体と東平岩体、それに八幡浜南方の真穴構造帯で小規模なものです。

この角閃石はありふれた石で、地球表面を覆う地殻の主成分の一つです。
120以上の種類があり、成分によって無色や黄、黒などさまざまな色があります。
クロムを主成分とするタイプは愛媛閃石が初めてで、クロム鉄鉱と地下の熱水が反応して生まれたとみられ、クロムを多く含んだためエメラルドグリーンの輝きになったとされています。
尚、都道府県の名前が付いた新鉱物は、滋賀石、岡山石、新潟石、東京石、大阪石、千葉石(発見順)に次いで7番目だそうです。
緑色の新鉱物「愛媛閃石」の結晶断面(中央、幅約5ミリ)=浜根大輔氏提供

緑色の新鉱物「愛媛閃石」の結晶断面(中央、幅約5ミリ)=浜根大輔氏提供

スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR