地質調査の方法

地質調査の方法は、ボーリング機械で地質情報を得て、その孔を利用する場合とそうでない場合とがありますが、目的によって調査方法が異なります。
これを下表に示しました。

調査方法および求められる地盤情報

調査方法(目的)調査方法(情報)求められる地盤情報
地層構成を求めるための調査方法ボーリングとサンプリング試料の肉眼観察と判定、地層(土層)状況
標準貫入試験N値、土の硬軟
その他のサウンディング
(スウェーデン式サウンディング試験、オランダ式二重管コーン貫入試験など)
Nc値など
弾性波探査その他の物理探査地層構成の推定、各地層の地震波速度
海底地盤の推定(音波探査)、地下水情報(電気探査)
ジオトモグラフィ物性値分布断面
地盤の物理的特性を求めるための調査方法粒度試験粒径加積曲線、平均粒径、均等係数など
含水比試験含水比(強度、圧縮性などを推定)
液性限界、塑性限界試験液性限界、塑性限界、塑性指数(強度や圧縮性の推定)
密度その他物理試験土粒子の密度、収縮限界、湿潤密度など
地すべり解析のための調査方法ボーリング調査地層構成、地下水状況
比抵抗影像法による電気探査崩積土の分布状況、地下水賦存深度および流動幅
簡易揚水試験揚水量、透水係数
地下水検層地下水流動深度
孔内傾斜計・ひずみ計測定地すべりの初動、すべり面深度、移動量
繰り返し一面せん断試験すべり面の残留強度
地震時の安定解析(液状化)標準貫入試験N値→液状化判定
粒度試験細粒分含有率
PS検層P波とS波の伝播速度(せん断定数、ポアソン比)
振動三軸圧縮試験地震応答計算のための変形係数とせん断ひずみの関係
地震応答計算のための減衰比とせん断ひずみの関係
応力比と液状化に要する繰り返しせん断係数
最大密度、最小密度試験相対密度
変形(沈下)解析のための調査方法圧密試験圧密降伏応力、圧縮指数、圧密係数、体積圧縮係数
孔内水平載荷試験変形係数、降伏応力
平板載荷試験変形係数、降伏応力
一軸、三軸圧縮試験圧縮強度
定ひずみ速度圧密試験洪積層に対する正確な圧密降伏応力
支持力解析のための調査方法標準貫入試験N値(内部摩擦角、粘着力や支持力を推定)
その他サウンディング貫入抵抗(粘着力などを推定)
原位置ベーンせん断試験せん断強度
孔内水平載荷試験初期圧、降伏圧、極限圧、変形係数
平板載荷試験降伏圧、破壊圧
一軸圧縮試験一軸圧縮強さ、粘着力
三軸圧縮試験粘着力、内部摩擦角、強度増加率
地中応力を求めるための調査方法湿潤密度試験湿潤密度(土かぶり圧をもとめる)
密度検層湿潤密度
間隙水圧測定間隙水圧
水平土圧測定土圧
地下水についての解析のための調査方法湧水圧、現場透水試験間隙水圧、透水係数
揚水試験透水係数、貯留係数、影響範囲、限界揚水量など
その他流向流速、水質試験など
環境調査腐食性試験、土壌調査コロージョンサウンディングなどで鋼材の腐食率
水質調査pH試験、有害物含有率
透気試験透気試験、一酸化炭素濃度など
公害調査振動、騒音など
水文調査井戸調査、流量調査、水質試験など
土壌・地下水汚染調査土壌・地下水汚染の有無など

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR