FC2ブログ

高田渡への想い

伝説のフォークシンガーの高田渡が亡くなって6年あまり経ちますが、今更ながらあの風格と味のある歌い方は私の脳裏から離れません。
このブログでも、紹介した歌は50曲を超えていますが、どの歌もすばらしく、そして個性的です。

「生活の柄」という歌があります。
晩年は好んでラストに歌った歌です。
比較的ゆっくりとしたバージョンと、少しテンポの速いバージョンとがあります。
私もカラオケに行く機会があるとこの曲は必ず歌うのですが、カラオケでもバージョンはまちまちです。
晩年は少し速いテンポで歌っていますが、ゆっくりと聞くほうが味があるように思えます。
「生活の柄」は、私の中では大ヒット曲ですが、知らない人が多いのにびっくりします。
高田渡そのものも知らない人もいっぱいいます。
そんな中で、私は普及委員みたいな役割を担って、必死で高田渡の良さをアピールしています。

「自衛隊に入ろう」と「値上げ」という歌があります。
これも私の中では大ヒット曲です。
「自衛隊に入ろう」は、若いときに反戦歌として歌って、それから何十年も封印して歌っていなかったと言われています。
奇抜な歌です。
当時の防衛庁が「譲って欲しい」とまで言ったそうですが、この歌が反戦歌とわからないなんて、なんて堅物の防衛庁だったのでしょう。
「値上げ」はすごく世相をとらえて、いまの政治家の言いまわし方と同じです。
最初は値上げなんてするつもりはないと断定しているのに、だんだん値上げをせざるをえない状況に持っていって、そして値上げにふみきってしまう。
この、少し笑えるけど、何か考え込んでしまうような微妙な心の中の動揺があります。
これを高田渡が味わい深く歌っています。
東電の原発事故があり、「自衛隊に入ろう」は「東電に入ろう」という替え歌で誰かが歌っていました。
これって、「自衛隊に入ろう」がメジャーな歌だと言うことの裏返しですね。
「値上げ」も「メルトダウン」という歌の替え歌になっていました。
高田渡の反骨精神が今の時代にも継がれているのだと思います。
たぶん、高田渡が今も生きていれば、このような原発に反対するような歌を歌っているような気がします。

替え歌の歌詞を紹介しますが、本当に世相をとらえています。
YouTubeでもありますので聞いてみてください。

「自衛隊に入ろう」の替え歌で「東電に入ろう」(倒電に廃炉)
皆さんがたの中に 東京電力に入りたい人はいませんか?
ひとはたあげたい人はいませんか?  東電じゃ人材求めてます
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

スリルを味わいたい人いたら いつでも東電にお越しください
ウランでもプルトニウムでも 何でもありますよ
下請け使えば平気です
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

原発推進派のみなさんは 原子炉の真下にお集まりください
今すぐ体に悪いわけじゃありません シャワーで洗えば平気です
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

原発はクリーンなエネルギーです 
プルトニウムはそんなに怖いもんじゃありません
放射能を出すといっても たったの2万と4千年です
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

日本のエネルギーを支えるのは 原子力に頼らないといけません
多少の被爆はやむを得ません イソジン飲んでおけば平気です
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

使用済みの核燃料は全部まとめて ドラム缶に詰めたら大丈夫
六ヶ所村のプールで冷やします たったの300年の我慢です
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

水が漏れてるけど騒ぐんじゃない 煙が出てるけどあわてるな
屋根が吹っ飛んだけど全然大丈夫 とにかく塩水で冷やします
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

今すぐ危険ってわけじゃないけど 牛乳も野菜も捨てましょう
政府のおエライさんが言ってます 補償は税金で払います
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る

ダイガーカウンターは売り切れてます
君たちそんなもの持っちゃダメですよ
放射能の値はこちらで発表します 信じるものは救われる
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る
東電に入ろう 入ろう 入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る
 
「値上げ」の替え歌で「メルトダウン」
メルトダウンは考えぬ しばらくメルトダウンは考えぬ
当分メルトダウンはありえない 極力メルトダウンとは言いたくない
今のところメルトダウンは確信できない すぐにメルトダウンは認めない

メルトダウンとしても今ではない なるべくメルトダウンは避けたい
メルトダウンは確実だという声もあるが
メルトダウンと言うかどうかは検討中である
メルトダウンはもうバレてるかも知れないけど まだまだ時期が早過ぎる

発表する時期は考えたい メルトダウンを認めたわけではない
すぐにメルトダウンとは言いたくない メルトダウンと言うには消極的であるが
もうすぐメルトダウンも隠しきれない 近くメルトダウンも言わざるを得ない
メルトダウンもやむを得ぬ メルトダウンと白状しよう
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR