fc2ブログ

変成岩について

変成岩について調べてみました。

・黒雲母帯-菫青石帯
変成岩分布地域を変成の強さにより分帯するときに使う用語で、泥岩起源の変成岩に黒雲母や菫青石がみられる地域を指します。
珪線石帯に比べると変成度が低い地域です。
・珪質片岩
主にチャートなどの珪質堆積岩を起源とする結晶片岩で、広域変成作用を受けてできる岩石です。
・珪線石帯
変成岩分布地域を変成の強さにより分帯するときに使う用語で、泥岩起源の変成岩に珪線石がみられる地域を指します。
黒雲母帯に比べると変成度が高い地域です。
・結晶片岩
広域変成作用を受けて片理と呼ばれる顕著な面構造が発達した変成岩で、薄く割れる特徴があります。
また、変成する以前の岩石(原岩)の違いにより色が異なり、苦鉄質火成岩などを起源とする緑色片岩、泥岩などを起源とする黒色片岩、砂岩などを起源とする珪質片岩(淡色系)などが区別されています。
・高圧型変成岩
変成作用の過程で、温度と圧力のうち、相対的に圧力の影響を強く受けてできた広域変成岩のことです。
高圧型変成岩に特徴的な鉱物として、藍閃石、ひすい輝石などが形成されます。
・黒色片岩
黒色片岩は主に泥質岩を起源とする結晶片岩で、このため泥質片岩と呼ばれることもあります。
広域変成作用を受けてできる岩石です。
・蛇紋岩
主に蛇紋石からなり、少量の磁鉄鉱・クロマイト・炭酸塩鉱物などの鉱物を伴う岩石です。
超苦鉄質岩が変質をうけると、その主な構成鉱物であるかんらん石や輝石が蛇紋石化して蛇紋岩ができます。
アスベストの多くはこの蛇紋岩に伴って産出します。
・中圧型変成岩
変成作用の過程で、温度と圧力のうち、温度と圧力の影響を同じ程度に受けてできた広域変成岩のことです。
中圧型変成岩に特徴的な鉱物として、十字石などが形成されます。
・低圧型変成岩
変成作用の過程で、温度と圧力のうち、相対的に温度の影響を強く受けてできた広域変成岩のことです。
低圧型変成岩に特徴的な鉱物として、紅柱石などが形成されます。
・点紋帯
三波川変成岩分布地域のうち、変成作用によってできた斜長石のおおきな結晶を伴う地域を指します。
比較的変成度の高い、高圧変成作用をうけた地域です。
・片岩
主に圧力による広域変成作用を受けて、薄く割れやすい構造(片理)が発達した変成岩です。
・変成岩
いったんできた岩石が、熱や圧力を受け、その岩石に含まれる鉱物の種類や岩石の構造が変化してできた岩石です。
・片麻岩
おもに高温による広域変成作用を受けて、鉱物の並びによる縞模様(片麻状組織)を持つ変成岩です。
・ホルンフェルス
深成岩が貫入するときに、周りにあった地層はマグマの高い熱のために再結晶し、一般にち密で硬い石に変わります。
これをホルンフェルスといい、変成岩の一種です。
・マイロナイト
地下深部の高温な場所で、断層運動に伴い、壊れることなく変形してできた岩石で、断層岩の一種です。
マイロナイト化が進むと細粒で多結晶化するのが特徴です。
・緑色片岩
主に玄武岩などの苦鉄質火成岩を起源とする結晶片岩で、広域変成作用を受けてできる岩石です。
片理が発達し、縞模様がきれいなため、しばしば庭石として利用されています。

スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR