FC2ブログ

大原三千院は、紅葉が苔に映える芸術的な絶景です

京都には、大原三千院という有名なお寺があります。

大原三千院は、京都府京都市左京区大原にある天台宗のお寺です。
三千院は、三千院門跡とも称し、青蓮院、妙法院とともに天台宗の三門跡寺院の1つに数えられているそうです。
三千院のある大原は、京都市街の北東山中にあって、かつては貴人や仏教修行者の隠棲の地とされていた地域で、ひっそりと小さな寺院が点在しています。
冬の大原三千院は有名ですが、秋には燃えるように美しい紅葉で彩られるそうです。
山間部にあるため、市街地に比べ比較的早く紅葉が始まるんですよ。
京都の華やかな秋を満喫するなら、まずはのどかな山里の庭園から見てはいかがでしょうか。
歩くのであれば、三千院⇒実光院⇒勝林院⇒宝泉院⇒来迎院⇒寂光院のルートがお勧めだそうです。
所要時間は、約90~120分くらいだそうです。

大原(三千院)の紅葉
大原三千院は、国宝の阿弥陀三尊をはじめ、多くの文化財が安置される天台宗の寺院で大原散策の中心地です。
紅葉のシーズンには、杉木立に囲まれた有清園と、茶人の金森宗和の修築による美しい聚碧園が秋色に染まります。
有清園の杉苔には、各所に杉村孝作のわらべ地蔵が置かれ、庭を回遊する人を温かく迎えてくれるそうです。

京都大原三千院の紅葉
石垣と茶店に挟まれた約50mの参道に沿ってモミジが枝を張っており、境内では、青い苔庭に赤や黄に色づいた葉が美しく降り積もります。

 
これは絶景です。
11月30日の聚碧園ですが、散りモミジがきれいで、苔は赤い絨毯が敷かれています。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR