FC2ブログ

岐阜県にある「モネの池」について

「モネの池」を紹介します。

「モネの池」は、岐阜県関市板取の根道神社参道脇にある貯水池です。
高賀山の伏流水を利用して1980年頃に灌漑用に整備されました。
「モネの池」は通称であり正式な池の名称ではありません。
地元では根道神社の池もしくは単に池と呼んでいる程度です。
では、何故「モネの池」と呼ばれるようになったかというと、2012年写真雑誌「風景写真 2012年7-8月号[33]」(創刊1989年)に栄馬智太郎さんが投稿し、最優秀作品賞(審査員:前田博史[35])及び2012年度フォトコンテストグランプリ受賞を受賞したのをきっかけにテレビ放映やインターネットの会員制交流サイト(SNS) を通じて有名になり、「モネの池」と呼ばれるようになったと言われています。
これ以後、インターネット上には「モネの池」に関する写真が大量に投稿されています。
1999年、池は雑草が生い茂っていたのですが、近くで花苗の生産販売をする「フラワーパーク板取」の経営者、小林佐富朗さんが除草を行い、スイレンやコウホネを植えたそうです。
また、池で泳ぐコイは地元住民が自宅で飼えなくなって持ち込んだものだそうで、観光目的で作られた池では無く、偶然が積み重なってクロード・モネの後期の睡蓮連作群と似た池となりました。
池の大きさはテニスコートよりも少し大きい程度です。
また、常に湧き水が流れ込み、湧水池となっています。
このため年間水温がおよそ14°Cで一定となっており、冬に咲いた花は枯れにくく、コウホネが冬に咲くと、黄色→オレンジ色→赤色と色が変化します。
また、日差しの傾き、池の水量によって池の水の色も変化しています。
池の透明度が高い理由は、高賀山の山体が流紋岩類で構成されているためで、そこからの湧き水には養分が含まれず、微生物が育たないことが原因です。
2015年6月頃、ブログやTwitterやInstagramなどのSNSでこの池が話題に上り始め、同年秋頃に新聞・情報番組で取り上げられたことで情報が一気に拡散、観光客が激増する要因になりました。
このため、岐阜県および関市では公式ホームページにて「名もなき池」「モネの池(通称)」として観光案内を掲載しています。
2015年11月の報道によれば、休日には3000人ほどが訪れる観光地にまでなりました。
そして、2016年には東海地方の観光地を紹介する情報誌にも掲載されるとともに、新聞、テレビニュースでも大きく取り上げられました。
また2016年5月には板取地区の愛好家で作る板取錦鯉振興会が稚魚から育てたニシキゴイを提供しています。
この年の5月のゴールデンウィーク中には1日平均約3000人の観光客が訪れ、国道256号線が15kmにわたり渋滞し、警察が出動して交通整理を行っています。
「モネの池」は5月から11月にかけてが見頃だそうですが、おおまかな季節の状況は次のようです。
【年中】
総勢で30匹を超える鯉がお出迎えします。
【4月上旬~中旬】
寺尾ヶ原千本桜(モネの池への道中)でお花見を楽しめます。
【5月頃~秋頃】
「モネの池」に入ってくる湧き水の量が増えて透明度が高くなります。
【5月末頃~10月頃】
池に浮かぶスイレンの花を楽しめ、ピークは6~7月です。
【6月下旬~7月】
池の周りに植えられているアジサイが咲き乱れます。
板取あじさい祭りが、今年は平成30年6月30日・7月1日にありました。
【11月頃】
紅葉が色づき、"鏡池"のような「モネの池」を楽しめます。
【12月~2月頃】
白銀の雪の中に映える「モネの池」が絶景だそうです。

image
水中花の中を錦鯉が泳いでいます。

モネの池
まさに絶景で、フランスの画家・モネの名画「睡蓮」にそっくりに見えます。

image
「モネの池」は長さ40mほどあります。
池沿を歩くと、スイレンの花が見られます。
スイレンの花は、朝の8時頃から開き始め、11時には咲いてしまいます。
ものすごいスピードです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR