世界で最も危険な火山は「硫黄島」

世界で最も危険な火山は、硫黄島だそうです。

「世界で最も危険な火山10」は、イギリス・マンチェスター大学の教授であるアルバート・ザイルストラさん(天体物理学)が、火山愛好家たちの協力を得てを選定し、『VOLCANO CAFÉ』というブログで発表しています。
「世界でもっとも危険な火山10」に選定されたものを1位から順に並べると、以下の通りとなっています。
1位:硫黄島(東京都小笠原村)
2位:アポヤケ山(ニカラグア)
3位:フレグレイ平野(イタリア)
4位:阿蘇山(熊本県)
5位:トランスメキシコ火山帯(メキシコ)
6位:アグン山(インドネシア)
7位:カメルーン山(カメルーン)
8位:タール山(フィリピン)
9位:マヨン山(フィリピン)
10位:ケルート山(インドネシア)
なお、この選出にあたっては、100年以内に噴火の恐れがあり、かつ破局的噴火となる可能性がある火山という基準が用いられています。
ランキングの1位には日本の硫黄島が選出されています。
硫黄島は、数千年前に海底火山の活動によって隆起して誕生した島です。
小笠原諸島の南端近くに位置し、島の南西端には摺鉢山(すりばちやま)がそびえています。
気象庁の噴火警戒レベルは運用されていませんが、2012年以降「火口周辺警報(火口周辺危険)」が継続しています。
硫黄島でもっとも問題視されているのは、マグマによる隆起が4年に1mだそうです。
これは、異常なほどの隆起で、第二次大戦中のアメリカ軍上陸(1945年)当時と比べ、なんと17mも隆起しているそうです。
この島で破局的な噴火が起きることは、もはや時間の問題とされているそうですが、私たちには南海地震や東南海地震の方が身近なので、硫黄島のことは特別に考えたことがなく、したがって現在では危機感すらありません。
でも、“その時”には高さ25mほどの大津波が日本列島や香港などを襲う危険があると想定されています。
その昔、1458年のバヌアツのクワエ火山が同規模の噴火を起こした際は、ニュージーランドを高さ30mの津波が襲い、それがポリネシア文化の崩壊につながっています。
明治時代に記録が開始されて以来、硫黄島では小規模な噴火がかなり頻繁に起きており、現在でも噴火しています。
また、小笠原諸島では、2013年に海底火山の噴火により西之島新島が出現、現在も面積を広げつつあります。
専門の学者さんたちも、近いうちに巨大地震があると予告しています。
いくら注意をしても、天災はどうにもならないことですが、いざという時の準備はしておきたいものです。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR